今日のイチオシ★巨人球団専

当サイトは読売ジャイアンツ球団に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: ビエイラ


    チアゴ・ダ・シウバ・ビエイラ(Thyago da Silva Vieira, ポルトガル語発音: [t͡ʃiˈaɡu viˈejɾɐ]; 1993年1月7日- )は、ブラジル・サンパウロ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は読売ジャイアンツに所属している。
    11キロバイト (879 語) - 2020年2月19日 (水) 08:19



    (出典 i.ytimg.com)


    めっちゃ期待!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/19(水) 14:37:48

    「練習試合、巨人4-3ロッテ」(18日、沖縄セルラースタジアム那覇)

    最速167キロを誇る新助っ人が、いきなり剛球を披露した。
    巨人の新外国人、チアゴ・ビエイラ投手(27)=前ホワイトソックス=がロッテ戦で実戦初登板。
    球団のスピードガンで最速158キロをマークするなど、1回を無安打無失点に抑える快投を見せた。

    先頭の和田を直球で右飛に。藤原も150キロの直球で空振り三振に仕留めた。香月には四球を与えたが、福田秀を150キロ台の直球で追い込むと、最後はスライダーで捕ゴロに。降板後は原監督と笑顔でグータッチを交わした。

    「まだ修正するところはあるけど、課題にしていたこと、目標にしていたことはできたのかなと思います」

    変化を恐れない姿勢が好結果につながった。自分の投球動画を見て研究。宮崎キャンプでは制球を乱すことが多かったが、投球時のグラブの位置を胸付近からへその辺りにして制球も改善されてきた。
    北風が吹きつける厳しい寒さの中で剛速球を連発。宮本投手チーフコーチは「167という数字を持っているし、今158が出るなら、もっと出る気がする」とさらなる球速アップに期待した。

    視察に訪れた阪神・古里スコアラーは「スピードだけじゃなく、スライダーのキレもいい。セットアッパーの可能性も十分ある」と警戒した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000022-dal-base
    2/19(水) 7:30配信


    (出典 Youtube)

    【春季キャンプ】【練習試合】ビエイラ実戦デビュー!原監督とグータッチ?!【巨人】


    【【最速167キロ!】ビエイラ スピードだけじゃなくスライダーも!?】の続きを読む


    チアゴ・ダ・シウバ・ビエイラ(Thyago da Silva Vieira, ポルトガル語発音: [t͡ʃiˈaɡu viˈejɾɐ]; 1993年1月7日- )は、ブラジル・サンパウロ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は読売ジャイアンツに所属している。
    11キロバイト (862 語) - 2020年1月28日 (火) 11:33



    (出典 databbnews.com)


    アルモンテの再来か!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/29(水) 06:20:32

    巨人の新外国人、チアゴ・ビエイラ投手(27)=前ホワイトソックス=が28日、羽田空港着の航空機で来日。
    最速167キロを誇る速球派右腕は、日本記録を更新する165キロ超えへ意欲を示した。

    193センチ、113キロの巨体を揺らして自信満々に言った。「いきなりとはいかないけど、きっちりと体を作って、シーズン中盤、慣れてきた頃にそういう姿を見せられたらいいね」。
    16年の日本ハム・大谷(現エンゼルス)超えを視野に入れる。

    昨季はメジャーで6試合に登板して1勝0敗。シーズン中には中盤に数回、103マイル(約166キロ)を計測した。
    史上4人目のブラジル出身メジャーリーガーとなった高い身体能力の持ち主は、まだまだ球速の伸びしろがあるとみている。

    この日はサンチェス、デラロサと同便で日本に降り立った。「(自分は)明るい性格なので、人との付き合いが好きだ」。
    外国人4人枠を勝ち取り、シーズンで快速球を連発する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000010-dal-base
    1/29(水) 6:00配信


    (出典 baseballking.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 Youtube)

    巨人 新外国人候補 チアゴ・ビエイラ投手 動画まとめ


    【【朗報】ビエイラ 日本記録更新に意欲!】の続きを読む

    このページのトップヘ