今日のイチオシ★巨人球団専

このブログは読売ジャイアンツ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 山口俊


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 平成最後のノーヒットノーランを達成している。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に、第85回全国高等学校野球選手権大会へ出場したが、初戦で常総学院高等学校に敗れた。
    48キロバイト (6,621 語) - 2019年12月8日 (日) 04:53



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    無理な気がする..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/09(月) 05:04:22

    ポスティング制度を利用してメジャー移籍を目指す巨人山口俊投手(32)に対し、レンジャーズをはじめ複数球団が本格的な調査を進めていることが7日(日本時間8日)、明らかになった。

    9日(同10日)に開幕するウインターミーティングを前に、FA市場の動きが水面下で加速。先発補強を目指すレ軍を筆頭に、今季最多勝右腕の周辺が一気に慌ただしくなりそうだ。

       ◇   ◇   ◇

    これまでポスティングを容認しなかった巨人が、山口の意思を尊重し3日に手続きを完了したことを受け、レンジャーズが真っ先に触手を伸ばした。交渉解禁前から意向を察知し、極秘に調査を進行。獲得候補リストに入れ、水面下で折衝の準備を進めてきた。

    今季、ア・リーグ西地区で首位アストロズに29ゲーム差をつけられ、3位に終わった。先発投手の補強は、最優先事項だ。今季13勝の右腕ギブソンらを獲得したが、コマがそろったとは言えない。巨人で15勝を挙げ、最多勝、最多奪三振、最高勝率の「投手3冠」を達成した山口に白羽の矢を立てた。

    レ軍にとって、日本人選手は個々の能力だけでなく、他の外国人以上に存在価値が高い。ここ数年間で「トヨタ」の米国本社が、カリフォルニア南部からレ軍の本拠地アーリントン近郊へ移転。主要スポンサーとなっているだけでなく、関連企業を含め、同地の日本人コミュニティーが数万人単位で拡大したとみられている。

    購買力の高い日本人ファンを呼び込める選手は、より高い付加価値を生むことが確実と見込まれている。しかも、来季は新球場「クローブライフ・フィールド」の開場1年目。イチロー、菊池、大谷ら同地区の日本人選手が遠征で訪れるたびに多くの日本人ファンが詰め掛けるなど、山口獲得へのプラス材料は多い。

    現時点で、レ軍は大物レンドン三塁手(ナショナルズFA)の獲得を目指す一方、現状の2億円前後で獲得可能な山口は魅力十分。先発だけでなく、過去の救援歴からもブルペンゲームなどにも対応できそうなだけに、9日からのウインターミーティングでは各球団間の押し引きが過熱しそうだ。

    ◆レ軍の投手事情 レンジャーズは今季20試合以上に先発した投手が16勝の右腕リンと14勝の左腕マイナーしかおらず、補強が急務だった。そこで今オフには13勝のギブソン(ツインズFA)と12勝のライルス(ブルワーズFA)の両右腕を獲得。残す1枠を争う形だ。中継ぎ陣は今季リーグ11位の防御率4・66と不調で、セットアッパーを務めた右腕マーティン(元日本ハム)は7月に移籍。14セーブの守護神リクラクも防御率4・33と不安定だ。

    ◆ウインターミーティング メジャーやマイナー、独立、国外リーグなどあらゆる球界の関係者、オーナー、GMら数千人が一堂に会し、毎年12月に催される野球界最大のイベント。トレードやFA選手獲得の交渉が活発に行われ、多くの契約がこの期間にまとまる。今年はサンディエゴで開催され、8日(日本時間9日)に授賞式などのイベント、9~12日(同10~13日)に各球団によるメディア対応が行われる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-12080610-nksports-base
    12/9(月) 4:00配信


    【【朗報】山口俊 レンジャーズからラブコール!?】の続きを読む


    小林 誠司(こばやし せいじ、1989年6月7日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 父親が水泳の元選手、母親が水泳のインストラクターをしていた関係で、幼少時から水泳を始める。母親が指導していたスイミングスクールに藤浪晋太郎が通っていた。小学二年生
    36キロバイト (4,414 語) - 2019年12月9日 (月) 09:23



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    おめでとう!

    1 風吹けば名無し :2019/12/10(火) 11:46:50.03

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-12100017-sph-base

    巨人の小林誠司捕手(30)が9日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4000万円増の1億円でサイン。プロ来季7年目で初の大台に到達した。巨人の捕手の年俸1億円は村田真一、阿部慎之助に次いで3人目。来季は若手投手の育成にも全力を注ぐことを誓った。

    巨人は全選手が契約を更改した。小林は、山口俊投手(32)とともに「プロ野球最優秀バッテリー賞」に選ばれ、都内で表彰式に出席した。

    大塚球団副代表は、微妙なコースの球をストライク判定に導く「フレーミング技術」がデータ上では12球団の捕手でトップだったと明かし「今まで評価が低かったから見直した。盗塁企図数が少ないから相手は走れない。小林の時が防御率が一番いい」と絶賛した。


    【【朗報】小林誠司と山口俊 プロ野球最優秀バッテリー賞!】の続きを読む


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 平成最後のノーヒットノーランを達成している。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に、第85回全国高等学校野球選手権大会へ出場したが、初戦で常総学院高等学校に敗れた。
    48キロバイト (6,608 語) - 2019年11月25日 (月) 08:41



    (出典 yoshilover.com)


    当てたのにすげぇ!

    1 牛丼 ★ :2019/11/23(土) 16:43:09.81

    巨人山口俊投手(32)が23日、東京ドームで行われたファンフェスタの侍ジャパンメンバーのトークショーで広島会沢と“仲直り”したと明かした。

    「1番の収穫は会沢と仲直りしたこと。そこが一番良かったです。最後、バッテリーも組めて、日本でもご飯に行ったりして、完璧に仲直りした。シーズン中も『ごめんね』と言ってたんですけど、うち解けて、なんなら親友かな」と笑顔で話した。会沢にはDeNA時代に頭部死球、昨年は2打席連続死球で乱闘騒ぎが起きた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-11230523-nksports-base


    【【朗報】山口俊 一方的な親友扱い!?】の続きを読む


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 平成最後のノーヒットノーランを達成している。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に、第85回全国高等学校野球選手権大会へ出場したが、初戦で常総学院高等学校に敗れた。
    48キロバイト (6,591 語) - 2019年11月18日 (月) 11:37



    (出典 valiantrp.org)


    ヒーロー(32) 笑笑

    1 ひかり ★ :2019/11/18(月) 20:09:05

     巨人は18日、都内で会見を開き、山口俊投手(32)のポスティング制度(入札制度)によるメジャー移籍を容認したと発表した。

     これまで球団で同制度によるメジャー移籍の例はないが、山口がDeNAから巨人にFA移籍した際の契約条項の一つとして、ポスティングを認めるという契約が入っていたため、
    今回はそれを励行し、夢を応援することになった、という経緯が説明された。

     原監督、山口とともに会見に同席した今村球団社長は、球団史上初のポスティングシステム容認となった経緯について、以下のように話した。

     「読売巨人軍は山口選手の夢を尊重し、ポスティングによる海外移籍を認めることにいたしました。2016年、山口投手とFA交渉する中、メジャーリーグ挑戦をしてみたい、
    その目標のもと、ジャイアンツで一生懸命頑張りたい、という強い思いを伝えられ、FA移籍にあたって、時期を確定しない形で、ポスティングが出来る権利をもらいました。
    そして今シーズン終了後、改めて山口選手の気持ちを聞いたところ、メジャーリーグに挑戦したいという強い希望を伝えられました。球団としては当然慰留に努めました。そして
    何度か話し合いを重ねました。が、やはり、山口選手の夢を実現させよう、応援しよう、という結論に至りました。より高いレベルで自分の力を試したいというのは、スポーツ選手として
    当然の欲求でありますし、先日のワールドカップラグビーとかを見ても分かる通り、間違いなく国民的なスーパースター、ヒーローは世界です。世界の舞台で活躍することです。
    野球界からより多くの国民的ヒーローが誕生してほしいという願いを込めて、球団としてポスティングとして海外移籍容認という考えに至りました。なお、巨人軍は今後も
    申請手続き、それまでの練習環境の提供など、山口選手のメジャーリーグ挑戦するためのサポートを全力でする所存です。以上です」

    報知新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-11180182-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【解説】山口俊 メジャー移籍を容認!】の続きを読む


    小林 誠司(こばやし せいじ、1989年6月7日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 父親が水泳の元選手、母親が水泳のインストラクターをしていた関係で、幼少時から水泳を始める。母親が指導していたスイミングスクールに藤浪晋太郎が通っていた。小学二年生
    30キロバイト (3,718 語) - 2019年10月9日 (水) 08:41



    (出典 baseballking.jp)


    山口明日頼む!

    1 ひかり ★ :2019/10/08(火) 18:08:48.43

     スポーツニッポン新聞社が制定する「2019年度プロ野球最優秀バッテリー賞」(協力・一般社団法人電池工業会、協賛・イエローハット、東日印刷)の
    選考委員会が8日、都内で開かれ、パ・リーグはリーグ連覇を果たした西武の増田達至投手―森友哉捕手、セ・リーグは優勝した巨人の山口俊投手―小林誠司捕手に決定した。

     増田は守護神として30セーブ、防御率1・81の好成績をマーク。森は打率・329で初の首位打者に輝いた。増田は初、森は多和田とのバッテリーで受賞した
    昨年に続く2度目の受賞。

     山口は15勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。リーグ最多の188三振を奪うなど、エース・菅野が不振の中で大車輪の活躍を見せた。山口は初、小林は2年ぶり
    2度目の受賞となった。

     捕手にもスポットを当てる最優秀バッテリー賞は、今年度で29回目。4選手には賞金100万円が贈られる。

     ▽増田達至投手 プロ野球最優秀バッテリー賞に選出していただき大変光栄です。ひとりで獲れた賞ではないと思うので周りの皆さんに感謝します。
    森には、頼りない自分をうまくリードしてくれてありがとうと言いたいです。

     ▽森友哉選手 2年連続でプロ野球最優秀バッテリー賞に選出していただき大変光栄です。連覇を決めた瞬間は増田さんがマウンドにいて、ウイニングボールは
    僕が取らせていただいたので、2人でこの賞を獲ることができたことをとてもうれしく思います。そして、シーズン通して力強い直球を投げてくださった増田さんに感謝です。

     ▽山口俊投手 一年間、(小林)誠司とバッテリーを組んできてこの賞を受賞できたことはうれしい。チームの目標である『日本一』を奪還できるように
    CS・日本シリーズと2人で力を合わせて頑張っていきます」

     ▽小林誠司捕手 受賞出来てとてもうれしいですし、(山口)俊さんにはとても感謝しています。CS・日本シリーズとさらに自信をつけていき、
    日本一のバッテリーになれるように頑張っていきたいです。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000156-spnannex-base


    【【朗報】小林誠司と山口俊 最優秀バッテリー賞!】の続きを読む

    このページのトップヘ