今日のイチオシ★巨人球団専

このブログは読売ジャイアンツ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 内海哲也


    内海 哲也(うつみ てつや、1982年4月29日 - )は、京都府城陽市出身のプロ野球選手(投手)。埼玉西武ライオンズ所属。 左投げ左打ち 読売ジャイアンツ在籍時は6度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献した。 敦賀気比高等学校で左腕エースとして活躍し注目された。高校時代は田中良平・森大輔とともに「北
    57キロバイト (8,187 語) - 2019年9月26日 (木) 14:05



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    観たい!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/03(木) 17:52:14.49

    巨人から移籍1年目の今季1軍登板なしに終わった西武・内海哲也が、短期決戦で「秘密兵器」になる。

     内海は昨オフに西武から巨人にFA移籍した炭谷銀仁朗の人的補償で、西武に電撃入団。
    巨人のエースとしてナインの人望も厚かった左腕の移籍は大きな衝撃だった。
    先発の一角として期待されたが、1軍のマウンドは遠かった。
    3月上旬に左前腕を肉離れすると、5月に再発して3カ月間投げられない時期が続いた。

    ■08年の日シリでは巨人側で西武と対峙

    ただ復活の兆しは見えている。
    24日の日本ハム戦(西武第二)に先発して6回5失点。
    今季最長イニングで115球を投げた。7日から宮崎で行われるフェニックス・リーグにも参加予定で、
    クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズで戦力になる可能性は十分にある。

     リーグ2連覇を飾った西武だが、リーグワーストのチーム防御率4・35と投手陣に不安が残る。
    先発陣に目を向けると、計算が立つのは来日1年目で12勝1敗と大活躍したニールのみ。
    今季自身初の2ケタ勝利を挙げた高橋光成は右ひじの違和感で戦線離脱し、復帰のメドが立っていない。
    右投手が多い陣容の中で先発左腕は榎田大樹の1人のみだが、今季4勝3敗、防御率6.52と不安定だった。

     西武ファンからは「日本シリーズで巨人相手に投げる内海を見たい」という声が多い。
    スポーツ紙の担当デスクはこう分析する。

    「西武は打線が凄いので先発は5、6回までに3失点で十分合格点をつけられます。
    内海に全盛期の力はないけど、要所を締めて試合を作る能力は備わっている。
    フェニックス・リーグで登板して状態を上げていけば、CSや日本シリーズで登板の可能性は十分にあると思います」

     西武、巨人が互いにCSを勝ち抜けば、08年以来11年ぶりに日本シリーズで激突する。
    この時巨人に在籍していた内海は2試合に登板。
    3戦目に6回途中まで3失点で白星を挙げている。
    最終戦の7戦目も6回途中1失点の粘投だったが、救援陣が終盤に西武打線に逆転を許して日本一はならなかった。

     11年の月日を経て、今度は西武のユニホームを身にまとう。
    再戦は実現するか。西武ファンだけでなく、巨人ファンもマウンドに戻ってくる左腕の勇姿を心待ちにしている。

    10/3(木) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000000-jct-spo

    http://npb.jp/bis/players/81185119.html
    成績


    【【解説】内海哲也 対戦相手として帰ってくる!?】の続きを読む


    内海 哲也(うつみ てつや、1982年4月29日 - )は、京都府城陽市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。 敦賀気比高等学校で左腕エースとして活躍し注目された。高校時代は田中良平・森大輔とともに「北陸三羽ガラス」と呼ばれた。仲澤忠厚や李景一らとともに1999年の秋季福井
    57キロバイト (6,959 語) - 2019年2月11日 (月) 08:26



    (出典 pbs.twimg.com)


    プロなら泣くなよ・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/11(月) 09:56:02.89

    移籍の通告を受けたとき、妻は言葉を失い、自分は球団事務所で号泣

    衝撃の発表だった。
    FAで巨人入りした炭谷銀仁朗の人的補償として、長年ジャイアンツ投手陣を支えた内海哲也の西武移籍が決まったのだ。

    引退を覚悟したどん底期から巨人を去る寂しさまで、元エースがすべてを語る。

    ライオンズの歴代選手の写真が飾られた、西武の本拠地・メットライフドーム内の一室で。
    辻発彦監督からは開幕投手としても期待されている
    「西武への移籍を告げられたのは、発表される(昨年12月20日)前日の正午頃のことです。
    都内で自主トレをしている時に、球団職員の方から『ちょっと話したいことがある』とLINEが入った。うすうす移籍する予感はありました。
    直接会うと『まぁ、そういうことだから』みたいな感じで言われて……。『内海は直接会って伝えなければいけない大切な選手だと思った』とも言われました」

    FAで巨人に入団した炭谷銀仁朗(31)の人的補償として今季、西武に移籍した内海哲也(36)が話す。

    内海は敦賀気比高校時代(’00年)に、オリックスからのドラフト1位指名を拒否。
    東京ガスに入社し、’03年に自由獲得枠で大ファンだった巨人に入団した。’11年、’12年と2年連続で最多勝を獲得するなど、エースとして15年間にわたりジャイアンツ投手陣を支えてきた功労者。
    巨人は、そんな内海をFAによる人的補償のプロテクトをせず放出したのだ。

    「自宅で移籍の話を伝えると、妻(聡子夫人)は言葉を失ってしまいました。(野上亮磨(りょうま)がFAで西武から移籍した)2年前に、『プロテクトに漏れて出ることになるかもしれない』と言っていたんですがね。
    妻も巨人への愛着が強いので、現実になるとショックが大きかったのでしょう。

    『もうジャイアンツでやりたくてもムリだから、前向きに考えよう』と話をしました。
    移籍が発表された当日に巨人の球団事務所にお別れの挨拶に行くと、多くの方に集まっていただいて……。
    悔しさというより長年プレーした球団を去る寂しさで、涙がボロボロこぼれ止まらなくなってしまった……。おかげで、うまく挨拶できませんでした」

    頭をよぎる「引退」の2文字

    泣き虫エースは’13年に13勝をあげて以来、2ケタ勝利から遠ざかっている。
    身の引き時を考えたこともあるという。

    「2~3年前のシーズンに二軍でくすぶっていた時は、『もう終わりかな』という気持ちでしたから。練習していても『引退』の2文字が何度も頭をよぎるんです。
    18勝をあげた時(’11年)のイメージを思い浮かべても、以前と違い身体が動かない。
    ただ、家に帰って4人の子どもたちの寝顔を見て『この子たちのためにもカッコいいパパでありたい』と、なんとか自分を奮い立たせていました」

    内海は個人トレーナーの保田貴史氏の指導のもと、年齢により劣化した下半身の強化に取り組む。
    練習ではバドミントンやラグビー、45㎏の重りを載せたソリを綱で引っ張るメニューも採用。
    ランニングの一日平均距離は10㎞におよんだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16004204/
    2019年2月11日 9時0分 FRIDAYデジタル

    http://npb.jp/bis/players/81185119.html
    成績


    【【悲報】内海哲也 遂に泣き出してしまう!?】の続きを読む


    内海 哲也(うつみ てつや、1982年4月29日 - )は、京都府城陽市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。 敦賀気比高等学校で左腕エースとして活躍し注目された。高校時代は田中良平・森大輔とともに「北陸三羽ガラス」と呼ばれた。仲澤忠厚や李景一らとともに1999年の秋季福井
    56キロバイト (6,890 語) - 2018年12月27日 (木) 17:40



    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    プロテクト・・

    1 ひかり ★ :2019/01/08(火) 17:19:12.87 ID:7pP/g67M9.net

     プロ野球巨人の原辰徳監督が8日、客員教授を務める千葉県勝浦市の国際武道大で、講義を行った。フリーエージェント(FA)権を行使して
    巨人に加入した選手の人的補償として、生え抜きの内海哲也が西武へ、長野久義が広島へ移籍することについて「ジャイアンツファンとして、
    心境的には残念。しかしルール上、仕方ない」と語った。

     人的補償は、特に年俸の高い選手がFA宣言をして移籍した場合、移籍先チームがプロテクトした28人以外の選手を、移籍元のチームが選んで
    獲得できる制度。内海や長野は、巨人がプロテクトしていなかった。

     原監督は「彼ら2人を守ることはできなかった。しかし、彼らは評価された。野球人として2人にエールを送る気持ちは変わらない」。講義後は
    報道陣に「一抹の寂しさはあるけど、勝負の世界には足し算と引き算がある。若手やこれからレギュラーを狙う選手は、揚々と立ち向かってほしい」
    と話した。

    朝日新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000054-asahi-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】内海と長野 ホントは守る気すらなかった!?】の続きを読む

    このページのトップヘ