今日のイチオシ★巨人球団専

このブログは読売ジャイアンツ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 岡本和真


    佳浩(まる よしひろ、1989年4月11日 - )は、千葉県勝浦市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 小学3年からソフトボールを始める。勝浦市立勝浦中学校時代は軟式野球で投手と遊撃手を兼任した。子供の頃は親共々巨人ファン(父親が長嶋茂雄のファンでもあった)で、よく東京ドームに来ていた。
    37キロバイト (4,629 語) - 2019年12月3日 (火) 13:00



    (出典 i.ytimg.com)


    どっちもどっち..

    1 牛丼 ★ :2019/12/03(火) 20:14:51.86

    巨人・丸佳浩が身内話を暴露!!後輩の岡本和真から言われたイヤミとは…

     巨人・丸佳浩外野手(30)は3日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5年契約で据え置きの年俸4億5000万円で更改した。「新鮮な毎日。当然いい日悪い日はあったけど、それも含めてすごくいい経験ができた。野球選手としての引き出しが増えたんじゃないかと思う」

     今季は4月5日DeNA戦で通算150本塁打を達成し、4月17日広島戦で古巣から初本塁打を放ったことで、史上34人目となる全球団からの本塁打を達成。全試合出場で打率2割9分2厘、27本塁打、89打点をマークした。

     ただ数字は満足していない。「すべて中途半端だった。3割行かず、30本行かず…1つでも伸ばすのは当然」。さらにかわいい後輩の身内話を暴露した。

     「岡本さんからは、ことあるごとに『100打点行かなかったのは、丸さんの出塁率が4割行かなかったのもあるんですよ』って、イヤミたらしく言われたんで。そこは肝に銘じてやらないと」。来季はプライドにかけてもの出塁率アップ。丸は「なんとか和真につなげて彼が100打点以上取ってくれれば連覇も近づいてくる」と語気を強めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00010042-chuspo-base


    【【解説】丸佳浩 岡本和真からチクリ!?】の続きを読む


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    38キロバイト (4,581 語) - 2019年12月3日 (火) 12:28



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    成績が去年より下がってるのに..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/03(火) 19:25:51

    巨人の岡本和真内野手(23)が3日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、6000万円増の1億4000万円でサインした。(金額は推定)

    高卒6年目での1億円超えは、高卒5年目で記録した松井、坂本勇に次ぐ早さとなった。

    今季は全143試合に出場し、打率2割6分5厘、31本塁打、94打点をマークした。
    昨季、史上最年少で「3割30本100打点」を成し遂げたことで、開幕から激しいマークにあったが、2年連続30本塁打を達成するなど功績を収めた。

    一時は打撃不振に陥ったり、一度はスタメンを外れたこともあったが、それも踏まえた上で、
    「去年より成長出来る1年だった。技術面、メンタル面、成長出来た」と振り返った。

    阪神とのCS最終S(東京D)では、3本塁打を放ち、文句なしの活躍でセ・リーグ&野手最年少となるMVPを獲得した。
    ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦(東京D)では、“日本シリーズ1号”を放つなど、4番としての意地を見せた。
    だが、「最後の4連敗の印象が強くて、あまり…」と自身の結果には満足しなかった。

    来季に向けて「もっともっと貢献できる部分が大きかった。来年は自分が打って…まあ頑張ります」と気合を入れた。

     
    ◆岡本 和真(おかもと・かずま)1996年6月30日、奈良県生まれ。23歳。智弁学園高では1年秋から4番。
    3年の春夏に甲子園出場し、春には1試合2本塁打を記録。高校通算73本塁打。
    2014年ドラフト1位で巨人入団。15年9月5日のDeNA戦(横浜)、代打でプロ初安打初本塁打を記録した。
    昨季は史上最年少で「3割30本100打点」をマーク。185センチ、96キロ。右投右打。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-12030186-sph-base
    12/3(火) 19:06配信

    http://npb.jp/bis/players/11515130.html
    成績


    【【朗報】岡本和真 高卒5年目で一億越え!】の続きを読む


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    38キロバイト (4,587 語) - 2019年11月13日 (水) 11:15



    (出典 i.ytimg.com)


    こんなことやってるから..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/13(水) 06:32:49

    巨人が秋季キャンプを張る宮崎に、4年ぶりに“剛腕”が帰ってきた。15年春季キャンプで使用されていた、剛速球を投げ込む打撃マシンだ。
    当時は160キロと言われていたが、今回登場した新型はさらにパワーアップ。
    岡本が「200キロくらい出ていた」と証言したように、異次元のスピードボールに野手陣は大苦戦だった。
    150キロ台後半の球を投げ込む投手が増える中、力で負けない攻撃陣を作り上げる。

    打撃マシンのアームが振れた次の瞬間、ボールは打者の懐を通過していた。
    前に飛ばすどころか、空振りが当たり前。
    各打者が勇んでモンスターマシンの攻略に挑むも、打球はなかなか打撃ケージの外にすら出なかった。
    4番の岡本も例外ではなく、「200キロくらい出ていました」と苦笑いを浮かべた。

    球速200キロとは仰天の証言だが、あながち大げさでもないようだ。
    打撃自慢で“ダイナマイト慎吾”の異名を取る石川は「最強ピッチャーですよ。あんなピッチャーいない。
    エスコバー(DeNA)で160キロですよね。
    あんなもんじゃなかった」と目を白黒。日本シリーズで打率3割と奮闘した田中俊も「すごいボールでした。
    なかなかバットに当たりませんでした」とうなだれた。

    超高速マシンは、15年春の宮崎キャンプでも使われていた。
    14年シーズンはリーグ優勝したものの、
    打撃陣が奮わず、原監督の「巨人打線は速い球を簡単に打つぞ、となりたい」という号令のもと、貧打脱却の切り札として取り入れられた。
    当時は160キロの設定で打ち返す打者も多くいたが、さらにパワーアップして4年ぶりに宮崎に登場した。

    この日は原監督が所用で宮崎を離れていたため、元木ヘッドコーチが指揮を執った。
    “200キロマシン”のほか、中速のマシン、打撃投手による変化球と、球速の異なる3か所でフリー打撃を実施。
    超速マシン攻略のためには速く鋭いスイングでいかに出力するかが鍵になるが、元木ヘッドは加えて
    「どんなボールが来ても自分のバランスで打てるようにしておかないとだめ」と、緩急をつけた意図を明かした。

    初日はお手上げだったが、岡本は「慣れれば大丈夫だと思います」と攻略に自信を見せ、
    田中俊も「力むとバットが(体から)離れる。どうやって自分のスイングで捉えるか」とリベンジに燃えた。(尾形 圭亮)

    ◆5年前の高速マシン 巨人は14年秋季キャンプ、15年春季キャンプでマシンを150キロ超に設定。
    「体感160キロ」で、コンパクトにバットを出すスイングの習得が狙いだった。

    ◆巨人が苦しめられた速球派 ソフトバンクの千賀は150キロ台後半の直球に加え、フォークなど変化球の精度も一級品。
    交流戦、日本シリーズと2連敗を喫した。同一リーグでは、阪神・藤川の「火の球ストレート」に苦戦。
    今季の巨人戦は10試合で防御率0・00と完敗だった。
    同じく阪神のドリスにも9試合で防御率0.00。中日のR・マルティネス(1勝1S1ホールド、防御率2・25)
    、ロドリゲス(1勝2敗7ホールド、防御率1・69)の剛腕助っ人コンビにも沈黙。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000281-sph-base
    11/13(水) 6:05配信


    【【解説】岡本和真 さらにパワーアップ!】の続きを読む


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    38キロバイト (4,587 語) - 2019年11月8日 (金) 08:13



    (出典 hochi.news)


    三遊間抜かれまくりな気がする..

    1 バグダッドの夜食 ★ :2019/11/04(月) 21:46:36.95

    ファーストはズンチャッチャ、ズンチャッチャだったけど。(三塁を守ると)ワルツが4分の3拍子ぐらいになった。

    詳細はリンク先をご覧ください。
    https://hochi.news/articles/20191104-OHT1T50146.html
    2019年11月4日 19時18分 スポーツ報知


    【【解説】岡本和真 来季ポジションは三塁!】の続きを読む


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    37キロバイト (4,500 語) - 2019年10月23日 (水) 11:58



    (出典 goodtime0909.com)


    痩せられてラッキーか..

    1 ニーニーφ ★ :2019/11/04(月) 03:08:00.92

     巨人・岡本が食中毒にかかり、体重が3キロ落ちたことを明かした。
    「1年の疲れが一気に出た」という日本シリーズ後に食べた何らかの物が原因だったもよう。

     それでもこの日は守備、走塁、打撃練習をすべてこなして万全を強調。
    秋季キャンプに向け「もっともっと練習しないといけない立場。頑張ります」と気合を込めた。
    https://www.daily.co.jp/baseball/2019/11/03/0012846385.shtml


    【【悲報】岡本和真 食中毒で体重3キロ減..】の続きを読む

    このページのトップヘ