今日のイチオシ★巨人球団専

当サイトは読売ジャイアンツ球団に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 岡本和真


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。愛称は「ビッグ・ベイビー」。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野
    38キロバイト (4,628 語) - 2020年2月5日 (水) 12:53



    (出典 i.ytimg.com)


    顔と性格は一致する 笑笑

    1 風吹けば名無し :2020/02/08(土) 10:34:18

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00010000-sph-base&p=3

    そんな言葉とは裏腹に、昨オフの過ごし方はひどかった。10時に集合としたトレーニングの場に12時に現れたりした。

    「12時ならまだマシっすよ」昨年同様に今年も一緒に自主トレをする同い年の岸田行倫が証言する。

    「午前中ウェートトレーニングして、それから昼にグラウンド出てきて、アップして、ノックを受けて、それからバッティング、という流れの1日。
    それなのに、僕たちがバッティングしてる時に来たりしてたんですから…」

    ちょっと恥ずかしそうに相棒の言葉を聞いていた岡本。

    「朝起きられなかった。やっぱりおごりがあった。それしか考えられんもん」

    「妥協してました。練習でも『今日これやろう』と思いながらも、いざ始めるとなるとやらんとか。そんな風にやってても、どっかで『いけるやろう』っていう気持ちもあったんで。めっちゃ、おごりでしょ」



    「年俸もいっぱい上がったし、満足しちゃったんだと思う。やっぱり、お金ってダメですね」
    そう言って笑ったのは素の23歳の姿だった。

    4番で活躍し球団史上最高の567%増の8000万円(推定)を手にした時、同級生たちはまだ大学4年。感覚がおかしくなるのも無理はないのかもしれない。

    19年のシーズンを打率2割6分5厘、31本塁打、打点94で終えたことで、今年のオフは違う。


    【【朗報】岡本和真 自分に対する甘えに気づく..】の続きを読む


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。愛称は「ビッグ・ベイビー」。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野
    38キロバイト (4,585 語) - 2020年1月26日 (日) 02:07



    (出典 www.ntv.co.jp)


    かっこ悪い..

    1 風吹けば名無し :2020/01/30(Thu) 15:06:55

    東の大山

    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】岡本和真 下半身がパツパツ..】の続きを読む


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    38キロバイト (4,581 語) - 2019年12月3日 (火) 12:28



    (出典 www.1242.com)


    痩せて..

    1 ひかり ★ :2019/12/23(月) 10:05:24

     巨人・岡本和真内野手(23)が22日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレし、“おやつ我慢”のストイックなオフを過ごしていることを明かした。
    今季途中にチームから“菓子パン禁止令”が出ていたことも判明。リーグ2連覇へ、まだまだ育ち盛りの若き4番が、自分に厳しく冬を越す。

     室内練習場で黙々とバットを振った岡本に、甘ったれた部分はみじんもない。クリスマスもお正月も、誘惑に負けない決意を語った。

     「僕は糖分で太る体質な気がする。年を取ったら(脂肪が)落ちにくくなるので、今のうちからやっておこうと思いまして。お菓子も食う気せえへん」

     練習後や小腹が空く時間に食べるイチゴパンやクリームパンなど、菓子パンが大好物。その影響で今年は体重110キロに迫るほどに太り、6月には
    「数年後を考えると、このままでは不安」と考えたチームスタッフらから、“菓子パン禁止令”が出された。

     以降、代わりにフルーツを食べるようになり、前半戦の打率・244から後半戦は同・292へと復調。契約更改交渉の席では「食堂のメロンが硬いので、
    柔らかい熟したものを」と球団側に要望したように、今ではパンより果物だ。

     果物にも糖質(炭水化物)が含まれるが、菓子パンに比べると低く、栄養価が高い。オフも菓子パン禁止を継続しており、水分もジュースを我慢して
    水とお茶、スポーツドリンクしか口にしていないという。

     「体作るにはやっぱり食べるのも大事。ある程度夜ご飯を食べたいから練習も頑張っています」

     体重はシーズン中から5キロ減って100キロ。1日おきに全身の筋力トレーニングを続けている“ビッグベイビー”は、心身ともにたるみとは無縁だ。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000501-sanspo-base


    【【悲報】岡本和真 体重管理でお菓子禁止!?】の続きを読む


    佳浩(まる よしひろ、1989年4月11日 - )は、千葉県勝浦市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 小学3年からソフトボールを始める。勝浦市立勝浦中学校時代は軟式野球で投手と遊撃手を兼任した。子供の頃は親共々巨人ファン(父親が長嶋茂雄のファンでもあった)で、よく東京ドームに来ていた。
    37キロバイト (4,629 語) - 2019年12月3日 (火) 13:00



    (出典 i.ytimg.com)


    どっちもどっち..

    1 牛丼 ★ :2019/12/03(火) 20:14:51.86

    巨人・丸佳浩が身内話を暴露!!後輩の岡本和真から言われたイヤミとは…

     巨人・丸佳浩外野手(30)は3日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5年契約で据え置きの年俸4億5000万円で更改した。「新鮮な毎日。当然いい日悪い日はあったけど、それも含めてすごくいい経験ができた。野球選手としての引き出しが増えたんじゃないかと思う」

     今季は4月5日DeNA戦で通算150本塁打を達成し、4月17日広島戦で古巣から初本塁打を放ったことで、史上34人目となる全球団からの本塁打を達成。全試合出場で打率2割9分2厘、27本塁打、89打点をマークした。

     ただ数字は満足していない。「すべて中途半端だった。3割行かず、30本行かず…1つでも伸ばすのは当然」。さらにかわいい後輩の身内話を暴露した。

     「岡本さんからは、ことあるごとに『100打点行かなかったのは、丸さんの出塁率が4割行かなかったのもあるんですよ』って、イヤミたらしく言われたんで。そこは肝に銘じてやらないと」。来季はプライドにかけてもの出塁率アップ。丸は「なんとか和真につなげて彼が100打点以上取ってくれれば連覇も近づいてくる」と語気を強めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00010042-chuspo-base


    【【解説】丸佳浩 岡本和真からチクリ!?】の続きを読む


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    38キロバイト (4,581 語) - 2019年12月3日 (火) 12:28



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    成績が去年より下がってるのに..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/03(火) 19:25:51

    巨人の岡本和真内野手(23)が3日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、6000万円増の1億4000万円でサインした。(金額は推定)

    高卒6年目での1億円超えは、高卒5年目で記録した松井、坂本勇に次ぐ早さとなった。

    今季は全143試合に出場し、打率2割6分5厘、31本塁打、94打点をマークした。
    昨季、史上最年少で「3割30本100打点」を成し遂げたことで、開幕から激しいマークにあったが、2年連続30本塁打を達成するなど功績を収めた。

    一時は打撃不振に陥ったり、一度はスタメンを外れたこともあったが、それも踏まえた上で、
    「去年より成長出来る1年だった。技術面、メンタル面、成長出来た」と振り返った。

    阪神とのCS最終S(東京D)では、3本塁打を放ち、文句なしの活躍でセ・リーグ&野手最年少となるMVPを獲得した。
    ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦(東京D)では、“日本シリーズ1号”を放つなど、4番としての意地を見せた。
    だが、「最後の4連敗の印象が強くて、あまり…」と自身の結果には満足しなかった。

    来季に向けて「もっともっと貢献できる部分が大きかった。来年は自分が打って…まあ頑張ります」と気合を入れた。

     
    ◆岡本 和真(おかもと・かずま)1996年6月30日、奈良県生まれ。23歳。智弁学園高では1年秋から4番。
    3年の春夏に甲子園出場し、春には1試合2本塁打を記録。高校通算73本塁打。
    2014年ドラフト1位で巨人入団。15年9月5日のDeNA戦(横浜)、代打でプロ初安打初本塁打を記録した。
    昨季は史上最年少で「3割30本100打点」をマーク。185センチ、96キロ。右投右打。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-12030186-sph-base
    12/3(火) 19:06配信

    http://npb.jp/bis/players/11515130.html
    成績


    【【朗報】岡本和真 高卒5年目で一億越え!】の続きを読む

    このページのトップヘ