今日のイチオシ★巨人球団専

このブログは読売ジャイアンツ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 監督


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    96キロバイト (12,870 語) - 2019年10月17日 (木) 08:00



    (出典 www.1242.com)


    吉村には怒鳴りつけてるけど..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/19(土) 08:22:35.82

    「ねえ、原監督って、どうなの?」

    クライマックスシリーズ(CS)を終え、セ・パ両リーグの日本シリーズ進出チームも決定した。
    そのCSの最中、パ・リーグを取材していたら、複数の球団スタッフに巨人・原辰徳監督(61)について質問を受けた。
    特定の担当球団を持たず、全球団をフォローするスポーツメディアの遊軍記者も“逆取材”があったそうだ。

    対戦する巨人の情報を集めるためかと思ったが、そうではなかった。「原監督が変わった」というのだ。

    「原監督は3度目の指揮、過去12年の采配を見ているので、普段、対戦のないパ・リーグでもどんな監督なのかは分かっているつもり。
    今季の原監督は明らかに今までとは違う」

    これは、CSファイナルシリーズで敗れた埼玉西武のスタッフがこぼしていたセリフ。シリーズで対戦する福岡ソフトバンクも同様の感想を抱いているようだ。

    「ピリピリしたものがなくなったというか…。我々の知っている原監督は、チームの好不調で雰囲気が明らかに違っていました。
    負けが込んでいるときはイライラしていて、連勝中はすこぶる上機嫌で。善くも悪くも分かりやすい指揮官でした」(パ・リーグ関係者)

    3度目の指揮、2015年の退任から3季が経過しているので、選手も入れ代わっている。
    昨秋キャンプ、春季キャンプ中の私見を言わせてもらえば、選手に話し掛ける場面が多くなったように映った。
    前政権にはいなかった新しい選手たち、特に若手を知りたいと思ったのだろう。

    「20代の選手たちがそうですが、原監督のご子息よりも年下です。
    また、原監督は彼らの父親よりも年上なんですね。そういう世代と話をして、今までのやり方、第二期政権と同じことをやっていたら勝てないと悟ったようです」(チーム関係者)

    どの球団の監督もそうだが、「褒める、叱る、諭す」といった方法で選手を育てていく。怒って伸びる選手もいれば、その反対もいる。
    それを見極めるのも大切だが、原監督は20代の新しい選手と接し、これまでと違う感想を持ったという。
    「褒めても、叱っても、同じ反応が返ってくる」と。父親よりも年上、かといって、祖父母よりは若い。そういう年齢の“上司”に叱られても、喜んでいたという。

    「原監督の現役を知らない世代です。(第二期までの)12年も監督を務めた人に声を掛けられたので、喜んでいたみたい」(前出・同)

    こうした反応に原監督も驚いていた。しかし、浮かれてはいなかった。原監督は「一軍戦力にレベルアップさせるには、どう接していくべきか?」と考え、“全て”を教えなかった。
    たとえば、二塁手が「4?6?3」の併殺プレーを成立させなかったとする。その時は「二塁ベースへの送球が遅い。ショートの坂本が一塁に送球しやすいように投げたのか?」と問う。
    指摘された若手は遊撃手と二塁手の呼吸の大切を知り、そこから先の再現練習は守備担当コーチに託した。コーチも「練習量を増やせば良いというものではない。どんな練習が必要なのか、自分で考えてみろ」と指導したそうだ。

    原監督の第二期政権までを知るセ・リーグの対戦チームは、今季半ばから「巨人が強くなったというよりも、原監督が変わった」と思い始めたそうだ。
    60歳を過ぎて、考え方を変えるというのは並大抵ではない。しかし、組織を統括するリーダーとして柔軟な発想を持つことは大切だ。

    新しい原野球を知らないパ・リーグは警戒心を強めていた。(スポーツライター・飯山満)

    http://dailynewsonline.jp/article/2045198/?page=2
    /2019.10.19 06:30 リアルライブ


    【【解説】原監督 周囲から変わったと言われる..】の続きを読む


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    96キロバイト (12,870 語) - 2019年10月17日 (木) 08:00



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    完敗..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/19(土) 23:37:36.86

    ヤフオクドーム(撮影・中田匡峻)
    「日本シリーズ・第1戦、ソフトバンク7-2巨人」(19日、ヤフオクドーム)

    セ・リーグ王者の巨人が、日本シリーズ3連覇を狙うソフトバンクに力負け。
    打線は千賀にねじ伏せられ、投手陣も打ち込まれて初戦を落とした。

    二回、引退を表明している阿部のソロで先制したが、勢いは生まれず。
    先発山口は6回3失点、七回には救援した田口がつかまり、一挙4点を失った。

    厳しい展開に原監督の表情は曇りっぱなしだったが、
    試合後は「結果的にちょっと大差になりましたけど、あしたからまたってところ。
    仕切り直しというところですね」と切り替えを強調。第2戦に向けて、「今日のゲームは今日のゲーム。その糧としてつなげる」とリベンジを誓った。

    10/19(土) 22:28 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00000114-dal-base


    【【解説】原監督 力負けも切り替え強調!】の続きを読む


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    96キロバイト (12,885 語) - 2019年10月3日 (木) 11:37



    (出典 www.sankei.com)


    金田は凄い原を気に入ってたな..

    1 ひかり ★ :2019/10/07(月) 07:30:42.95

     巨人・原辰徳監督(61)が6日、追悼の意を表明した。

     突然の訃報に一瞬、思考が停止した。

     「本当に突然のことで、ショックという言葉しかありません。野球博士と呼べるような、本当に尊敬できる大先輩であり、
    私の中で教科書と言えるお方でした」

     この日、金田さんの長男・賢一さんより、連絡を受けて事実を耳にしたという。年に何度も食事を共にする間柄でもあり、
    今春の宮崎キャンプや、シーズン中にも直接激励を受けた。元気な姿が印象深く残っているだけに、原監督もいまだ
    信じられないといった様子だった。今季、5年ぶりにリーグ優勝を達成した際、お祝いの花も届いた。控えるCS最終S、
    日本シリーズ終了後にお礼を伝えるつもりだっただけに、無念さが募る。

     「ペナントレース後もお花を頂いていた。シーズンが終わって落ち着いたら連絡させていただこうと思っていたのですが…」

     個人的にも、14年に父・貢氏(享年79)を亡くした。それ以降、今まで以上に親身になって接してくれた姿がすぐに思い浮かぶ。

     「特に私が監督になってから、強い影響を受けたと言えます。うちの父が亡くなってからは、本当にオヤジのように接してもらい、
    野球人としても良き理解者でいてくれました」

     プロ野球史で唯一となる通算400勝を達成。常人離れした不滅の金字塔であり、それを成し遂げた大投手との突然の別れを、
    独特の表現で惜しんだ。

     「金田さんが亡くなったということで『あぁ、金田さんも人間だったんだ』というかね。そういうこととは縁がないんじゃないかな、
    と思っていたんですが。心からご冥福をお祈りするとともに、お世話になりましたとお伝えしたいです」

     球史に名を刻んだ伝説的な先人へ、敬意と愛情を込めて悼んだ。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000040-sph-base
    19年6月7日、ロッテ戦の試合前に原監督(左)と写真撮影に応じる金田正一さん

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【解説】 原監督 追悼の意を表明..】の続きを読む


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    96キロバイト (12,885 語) - 2019年10月3日 (木) 11:37



    (出典 image.alba.co.jp)


    佐々木か奥川か..

    【【解説】原監督 3人とも欲しいと欲張る!】の続きを読む


    巨人・原監督の目に涙 胴上げで8回宙を舞う「年を取ると涙腺が弱くなる」 - サンケイスポーツ
    セ・リーグ、DeNA2-3巨人=延長十回、24回戦、巨人13勝11敗、21日、横浜)優勝へのマジックナンバーを「2」としていたプロ野球セ・リーグの巨人は、21日のDeNA戦 ...
    (出典:サンケイスポーツ)


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    95キロバイト (12,804 語) - 2019年9月22日 (日) 11:39



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    由伸で優勝して欲しかった..

    1 ひかり ★ :2019/09/21(土) 21:04:23.88

     (セ・リーグ、DeNA2-3巨人=延長十回、24回戦、巨人13勝11敗、21日、横浜)優勝へのマジックナンバーを「2」としていた
    プロ野球セ・リーグの巨人は、21日のDeNA戦に勝ち、2014年以来5年ぶり37度目の優勝を果たした。今季復帰した原辰徳監督(61)にとっても
    5年ぶりのVで、監督として8度の優勝は故西本幸雄(大毎、阪急、近鉄)、森祇晶(西武)両氏に並ぶ史上5位タイ(1リーグ時代を含む)の記録となった。
    原監督との一問一答は以下の通り。

     --胴上げで8回宙を舞った

     「新鮮ですね。年を取ると涙腺が弱くなる。非常に長いシーズンだった」

     --今季を振り返って

     「固定観念を捨てて、どうすれば強くなるか。昨秋からやってきた。不慣れなポジションでやってきた人もいる。このチームはまだまだ強くなる。
    最後に決戦を制することができた」

     --4年間、優勝から遠ざかった

     「私も休息に入っていて、(復帰は)頭の片隅にもなかった。私の中に情熱が残っていたようだ。レフトスタンドのファンのみなさま、本当にありがとう
    ございました。おめでとうございます」

     --チーム一丸で戦った

     「誰にでもチャンスがある。ベテランも中堅も懸命に戦った。感謝する」

     --終盤はDeNAに猛追された

     「あまり動揺はしなかった」

     --坂本勇主将は

     「入団1年目から見ている。頼もしく成長している。チームをまとめる力は阿部に負けないぐらいの強いリーダーシップがある。ぶっちぎりのMVP」

     --クライマックスシリーズへ

     「道は険しいが、大きな目標を持っている。目標を達成したい」

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00000555-sanspo-base

    (出典 i.imgur.com)


    【【朗報】原監督 胴上げで8回宙を舞う!】の続きを読む

    このページのトップヘ