今日のイチオシ★巨人球団専

このブログは読売ジャイアンツ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 監督


    2001年8月9日発売 / 対応機種:PlayStation 2 収録競技は、ストラックアウト、キックターゲット、サービスエース、モンスターボックス、スーパーライダー、ワークアウトガイズ、第6回SASUKE。ストラックアウトとキックターゲットは、放送当時までに登場した歴代のバージョンを殆ど網羅している。
    82キロバイト (12,736 語) - 2019年11月29日 (金) 12:18



    (出典 www.yumenoi.com)


    コントロールは才能!

    1 風吹けば名無し :2019/12/05(Thu) 07:54:42

     【台中(台湾)4日=尾形圭亮】巨人の阿部慎之助2軍監督(40)が、ファーム投手陣の制球力アップへ「ストラックアウト」を導入するプランを明かした。9分割されたボードをめがけて投げ込むもので、かつてはテレビのバラエティー番組で頻繁に使われていた。
    「コントロールは投手の生命線だし、基本中の基本」。この日は、NPB(白)対CPBL選抜(台中)の始球式に登板した。

    【写真】これは貴重!全員で阿部Tシャツ着用

     ゆったりとしたモーションから、阿部2軍監督はしなやかに右腕を振り抜いた。跳びはねるような、躍動感あふれるフィニッシュ。だが、剛速球はホームベース手前でショートバウンドとなった。
    「チビッコの野球大会とかで始球式をやったことはあるけど、ほぼ初めて。緊張はしなかったけれど、不思議な感じがしたよ」。打席にCPBL選抜の林威助監督(元阪神)を迎えての始球式。スタンドからは大きな拍手が送られた。

     投手顔負けの制球力を披露…とはならなかったが、阿部2軍監督にとって、若手投手陣の制球力アップは急務だ。3日の試合では、同点の8回から救援した育成の2年目サイド右腕・田中優が制球に苦しみ、四球や暴投が絡んで3失点。
    「コントロールは投手の生命線だし、基本中の基本。まずそこをしっかりさせないと戦えない」。この日は、試合前練習中に体重移動やバランスの取り方について助言した。

     そして、2軍指揮官はあっと驚く秘策を明かした。「ストラックアウト」だ。ホームベース上に配置された9分割のボードを、投球ではじき落とすというもの。

     「ストラックアウトは制球力を磨くいい練習になると思う。自分で何番を狙うかちゃんと宣言させて、その狙い通りに投げられるか。そういう練習をやってみたい」

     かつて、TBS系のバラエティー番組「筋肉番付」の名物コーナーだったが、遊び抜きのガ*で、これに挑ませる。

     ファーム秋季練習のブルペン投球を見た時から、阿部2軍監督はモヤモヤを抱いていたという。

     「投げてる投手はみんな『インコース行きます』とか『アウトコースお願いします』とか、それしか言わなかった。そうじゃない。その球でストライクを取るのか、それともボール球にするのか。そこまで想定しないと意味がない。アバウトに投げるのはただの自己満足」

     長らく正捕手に君臨していた現役時代、ブルペンでは常に実戦を想定し、そのために精密な制球を要求していたが、今のヤングGにはそこが足りない。捕手ならではの鋭い目線に、持ち前のアイデア力を合体させ、投手陣も土台から鍛え直していく。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-12050002-sph-base


    【【解説】阿部慎之助監督 ストラックアウトを導入!?】の続きを読む


    小林 誠司(こばやし せいじ、1989年6月7日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 父親が水泳の元選手、母親が水泳のインストラクターをしていた関係で、幼少時から水泳を始める。母親が指導していたスイミングスクールに藤浪晋太郎が通っていた。小学二年生
    35キロバイト (4,271 語) - 2019年11月7日 (木) 01:50



    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)


    大城を起用するけど、小林は他に渡したくない!?

    1 風吹けば名無し :2019/11/14(Thu) 22:09:30

    https://news.infoseek.co.jp/topics/asageiplus_137081?scid=su_951

    >大城を、現役引退した阿部慎之助2軍監督の後継者として指名したということです。
    >これは、正捕手への期待が寄せられていた小林誠司への見切り宣言


    【【解説】小林誠司 監督に翻弄される..】の続きを読む


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    97キロバイト (12,961 語) - 2019年11月12日 (火) 13:33



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    余計なことを..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/14(木) 07:01:49.02

    巨人は13日、楽天から国内フリーエージェント(FA)権を行使した美馬学投手(33)と東京都内で4度目の交渉を行い、原辰徳監督(61)が同席。約30分に及んだ直接交渉で誠意を伝えた。

    異例の同席だ。宮崎秋季キャンプから所用で帰京していた指揮官は12日中に再び宮崎に戻る予定を急遽(きゅうきょ)、変更した。

    「きちんと話をするのは初めて。監督としての気持ちは伝えることができた。好印象というしかないですね。内容はジャイアンツで一緒にやろうということ」

    交渉後に空路・宮崎入りした原監督が手応えを示した。FA交渉には電話でラブコールが多かった。昨年の丸との交渉に続いての出馬となったが、昨年の交渉が2006年の小笠原道大以来、12年ぶりだった。

    大塚淳弘球団副代表編成担当(60)は「監督が誠意を見せたい、と。(美馬の様子は)オーラを感じたというか、全然イメージと違ったって」と説明。条件面では3年総額5億円超を提示しているとみられる。

    今オフは先発投手が最大の補強ポイント。宣言残留を認める楽天に加え、ロッテ、ヤクルトとの争奪戦に、原巨人は好条件+誠意で猛アピールした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000014-sanspo-base
    11/14(木) 7:00配信


    【【解説】原監督 口説き炸裂!】の続きを読む


    大城 卓三(おおしろ たくみ、1993年2月11日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロ野球選手(捕手、内野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 2歳年上の兄・昌士(現・西部ガス硬式野球部)と、双子の兄・建二(現・トヨタ自動車硬式野球部)がいる。中学までは沖縄で育つ。中学時代には、大矢明彦氏が名誉監
    10キロバイト (872 語) - 2019年10月17日 (木) 02:48



    (出典 img.sportsbull.jp)


    小林流出阻止は何だった!?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/11(月) 07:59:04.86

    巨人は10日、宮崎秋季キャンプで第1クールが終了。原辰徳監督(61)は来季3年目の大城卓三捕手(27)を「ポスト阿部」に指名した。

    「彼は捕手一本で自立して、レギュラーになってほしい」

    大城はプロ2年目の今季、109試合で打率・265、6本塁打、30打点。打撃力を生*ために一塁手で42試合に先発出場した。
    捕手での先発は30試合だったが、来季は小林、炭谷らとの正捕手争いに挑む。

    「リード面はすごくいいものを出している。打撃はきっかけがあれば、20-30本塁打を打てる可能性を秘めている」と原監督。
    阿部(現巨人2軍監督)が今季限りで引退し、丸に続く左の強打者が育てば、打線にも厚みが増す。

    今回のキャンプメンバーで最年長の大城は「そこ(正捕手)を目指したい。全てにおいてレベルアップして、アピールできるように」と意気込んだ。
    ライバルの壁は高いが、攻守の要を目指して実りの秋を過ごす。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000001-sanspo-base
    11/11(月) 7:00配信

    http://npb.jp/bis/players/21325136.html
    成績


    (出典 Youtube)

    読売ジャイアンツ 大城卓三 応援歌


    【【解説】大城卓三 捕手一本でレギュラー期待!?】の続きを読む


    小林 誠司(こばやし せいじ、1989年6月7日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 父親が水泳の元選手、母親が水泳のインストラクターをしていた関係で、幼少時から水泳を始める。母親が指導していたスイミングスクールに藤浪晋太郎が通っていた。小学二年生
    35キロバイト (4,271 語) - 2019年11月7日 (木) 01:50



    (出典 cyclestyle.net)


    大城は東海大枠..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/12(火) 12:17:10

    現在、侍ジャパンの一員として「プレミア12」を戦っている巨人の小林誠司捕手(30)は気が気じゃないのではないか。

    宮崎で秋季キャンプ中の原辰徳監督(61)が10日、打撃のいい大城卓三捕手(26)について
    「一塁を経験して守れるようになったが、打撃はいいわけだから捕手一本で自立してほしい」と明言したのだ。

    大城は今季、捕手だけでなく一塁も守り、主に5番打者として109試合に出場。得点圏打率・315と打棒をアピールした。
    捕手として30試合に先発マスクをかぶりながら、一塁で42試合、指名打者でも2試合に先発。
    「20本、30本(塁打)という可能性を持っている」とまで言う原監督は先日も「打てる捕手は貴重。
    小林も炭谷も捕手としては能力が高いけど、大城の打撃は勝るものがある。捕手としてリードは一番面白い。一番教科書にないようなリードができる」と褒めていた。

    「手のひら返し」とは、まさにこのことだ。先週、原監督は「今年は(炭谷)銀仁朗を取って出番が少なくなったが、小林はこれからも巨人に必要な選手。
    1年を通して試合に出られる強さがある」と小林を褒めちぎったばかりだった。

    今季の盗塁阻止率は12球団トップの・419。
    だからこそ、稲葉監督に呼ばれ、侍ジャパンの常連捕手となっている。
    ただ、原監督が言うように、今季は出場機会が激減。92試合にとどまった。
    順調なら来季中にも国内FA権を取得する。だからだろう。いつも小林に厳しい原監督が「彼の働きからすれば、ずいぶん安い」と今季の年俸6000万円からの大幅アップ、
    さらには複数年契約など、最大限の誠意を見せて引き留めるとしていた矢先、今回の大城への正捕手奪取指令である。

    11日に開幕したプレミア12のスーパーラウンド・オーストラリア戦で、小林は山口とバッテリーを組んで先発出場。
    4回2失点の山口、1回無失点の田口の巨人勢を好リード。
    終盤の逆転勝ちに貢献した。

    小林が欲しいのは、年俸アップより複数年契約より原監督の信頼ではないか。
    そのためにも、侍ジャパンの捕手として、原監督が率いた2009年のWBC以来となる「世界一」の称号が欲しいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000023-nkgendai-base
    11/12(火) 12:00配信

    https://baseballdata.jp/1/cbtr.html
    2019年度 巨人 打撃個人成績 犠打成功率ランキング


    【【悲報】小林誠司 監督から早くも手のひら返し!?】の続きを読む

    このページのトップヘ