今日のイチオシ★巨人球団専

このブログは読売ジャイアンツ球団の情報をまとめたブログです

    カテゴリ: 監督


    権藤博氏、菅野智之は「慎重になりすぎ。それが良いところでもある」 - livedoor
    中日 2 - 5 巨人 ○<19回戦 ナゴヤドーム>巨人の菅野智之が7回を1失点に抑え、3年連続となる2桁勝利を達成した。菅野は6回以外は毎回走者を背負う投球も、3回に ...
    (出典:livedoor)


    菅野 智之(すがの ともゆき、1989年10月11日 - )は、神奈川県相模原市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 平成最後の沢村栄治賞を受賞、ポストシーズン史上初のノーヒットノーランを達成している。 母方の祖父は、元東海大相模高校野球部監督の原貢。母方の伯父は読売ジャイアンツ監督の原辰徳。
    71キロバイト (9,351 語) - 2019年8月15日 (木) 07:22



    (出典 cdn.hb-nippon.com)


    甥っ子が大当たりでよかったと思ってそう..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/22(木) 06:53:23.02

     ◇セ・リーグ 巨人5―2中日(2019年8月21日 ナゴヤD)

    巨人は2死無走者から丸、岡本の3、4番の連打で、初回と3回に得点を奪った。
    6回には5番・阿部と、続くゲレーロの2者連続本塁打もあり、原監督は「効果的に点数が入りましたね。3、4番でね。5番、6番で」と振り返った。

    エース・菅野は7回1失点で、プロ7年目で6度目の2桁10勝目を挙げた。
    指揮官は「ちょっとヒットは打たれましたけど、要所をしっかり締めたというところでしょうね。(10勝目については)毎年安定している素晴らしい投手」と評した

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000218-spnannex-base
    8/21(水) 22:41配信

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019082101.html
    試合スコア

    http://npb.jp/bis/players/41745137.html
    成績


    【【原監督 身内をベタ褒め 】菅野智之 プロ7年目で6度目の2桁10勝目を挙げる!】の続きを読む


    原監督、ハラハラ接戦制すも「オレは面白くないよ」 - 日刊スポーツ
    ルーズベルトゲームを制した巨人原辰徳監督は、開口一番「面白かった? オレは面白くないよ。厳しいゲームだよ」と言って「勝利したのが大きいですね。それ以上もそれ以…
    (出典:日刊スポーツ)


    菅野 智之(すがの ともゆき、1989年10月11日 - )は、神奈川県相模原市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 平成最後の沢村栄治賞を受賞、ポストシーズン史上初のノーヒットノーランを達成している。 母方の祖父は、元東海大相模高校野球部監督の原貢。母方の伯父は読売ジャイアンツ監督の原辰徳。
    71キロバイト (9,337 語) - 2019年8月4日 (日) 02:02



    (出典 number.ismcdn.jp)


    親戚関係は難しい..

    1 孤高の旅人 ★ :2019/08/14(水) 12:00:08.67

    独走にピンチ!? 巨人・原監督とエース菅野に漂う不穏な空気
    8/14(水) 11:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00000003-friday-base

    巨人・原辰徳監督(61)と甥でエースの菅野智之(29)の関係がおかしい。

    昨シーズン菅野は15勝を挙げて最多勝と最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得した。だが今シーズンは17試合に登板し、8勝5敗、防御率は3点台後半(8月14日現在)。とても本調子といえない状態なのだ。

    菅野はなぜ、本来の輝きを取り戻せないのか。巨人の球団関係者は「原監督との関係が原因ではないか」と指摘する。

    「キッカケとなったのは、原監督のマスコミを通じた“公開説教”です。6月23日のソフトバンク戦は交流戦優勝をかけた大事な試合でしたが、菅野は初回4失点で降板しました。試合後、原監督は、番記者に対して強い調子で菅野への不満を漏らした。これに菅野は大きなショックを受けたんです。高校時代(東海大相模)からエースとして活躍していた菅野は、激しい叱責を受けたことはあまりありません。原監督の態度に動揺してしまったようです」(スポーツ紙記者)

    さらに、こんな話もある。

    「今年5月、上原浩治がシーズン途中で突然引退を表明しました。チームの若返りをめざす原監督が、上原に引導を渡す図式を作ったといわれています。上原自身、再調整して一軍復帰を目指していたのに、自分の知らないところで、引退へのシナリオが出来上がっていたのを知って愕然としていました」(スポーツライター)

    元来、メジャー志向がある菅野にとって、海を渡って活躍した上原は憧れの存在。「チームの若返り」と言っておきながら40歳近い岩隈久志や中島宏之らを獲得し、上原に引導を渡す矛盾した対応に疑問を感じ始めたというのだ。

    「ショック療法で中5日を繰り返す、新たな菅野の起用法にも疑問符がつきます。エースとして活躍してきたのに、少し調子が悪いだけで突然監督の采配に振り回される。こうした乱暴な起用が原因で復調できない投手は数多くいます。菅野の将来が心配されますね」(前出のスポーツライター)

    時代は変わり、いまや厳しい叱責が選手を伸ばすとは限らなくなった。親戚関係にあるため、逆にやりにくさもあるのだろうが、菅野復活の鍵はいまも原監督が握っていることだけは間違いなさそうだ。


    【【悲報】原監督と菅野智之 関係にヒビ入ってた..】の続きを読む


    巨人・原監督、“鬼門”マツダで勝利も「戦いは続く」100勝大竹も称賛 - サンケイスポーツ
    巨人は12日、広島18回戦(マツダ)に8-7で逃げ切り、5連勝。ゲーム差は2位・DeNAに3、3位・広島に4・5と広げた。5番手で登板した大竹寛投手(36)が1回1/3を無 ...
    (出典:サンケイスポーツ)


    田中 広輔(たなか こうすけ、1989年7月3日 - )は、広島東洋カープに所属する神奈川県厚木市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。 自身と同じ右投左打の内野手で、2018年から読売ジャイアンツに所属する田中俊太は実弟に当たる。 厚木市立依知南小学校・依知中学校を経て、東海大相模高に進学。1
    34キロバイト (4,228 語) - 2019年6月22日 (土) 17:26



    (出典 baseballking.jp)


    広島からどんどん奪う!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/12(月) 14:15:31.79

    セ・リーグ首位の原巨人が2年続けて「東海大学系の選手」を指名へ――。さらにFAでも同大出身選手獲得を視野に入れており、巨人の「東海大ジャイアンツ」化が加速している。

    「巨人が熱い視線を送っている学生選手が、『令和の怪物』大船渡高校の佐々木朗希以外にもいました。
    他球団スカウトも『アマナンバー1捕手』と評価する東海大学の海野隆司捕手です。とにかく、肩が強い。
    強肩といえば“甲斐キャノン”ことソフトバンクの甲斐拓也捕手が有名ですが、それに対抗できる逸材です」(アマチュア野球担当記者)

    東海大学の試合には、巨人を始めとする複数球団のスカウトが大挙して訪れる。
    対戦チームが走者を出すと、彼らは一様にストップウオッチを取り出して計測を始めるという。
    「この方が正確に測れる」と、わざわざ一塁側スタンドに移動するスカウトもいるくらいだ。

    巨人スカウトの「海野評」は、以下の通り。

    「捕ってからが速い。キャッチングも上手。ランナーをよく見ている。大学、社会人の中で一番じゃないか」(長谷川国利スカウト部長/6月12日付・スポーツ報知)

    「投げ方にリズムがあるから、安定して投げられる」(内田強スカウト/同日付・スポーツニッポン)

    内田スカウトは東海大相模高、東海大学の出身。原辰徳監督(61)と同じ経歴で、信頼も厚い。他球団も「2位指名までには確実に消える」「即戦力」と高く評価していた。
    甲斐キャノンに匹敵するスター候補、それも“東海大学の選手”であれば、他球団流出は絶対に避けなければならない。

    また、スカウト視察といえば、今夏の甲子園大会は絶対に無視できない。そんな中、関係者の間ではこんな声も囁かれていた。

    「今夏の甲子園視察は長丁場になりそうです」(在阪球団スタッフ)

    スカウト陣は例年以上に苦労しそうだというのだ。

    佐々木が岩手県大会決勝戦で消えたほか、各県大会の予選で「上位指名候補」と高く評価されていた好投手もことごとく散った。
    そのため、スカウト陣の甲子園での視察目的も変わってきたのだ。

    「スカウトは指名リストを持って、高校、大学、社会人選手を視察します。1月に100人ほどがリストアップされ、そこから80人、60人、50人と絞り込んでいくんです。
    ここからさらに、上位指名候補を数人に絞り込み、残された候補については伸びしろ、センス、試合勘などを細かくチェックし、各チームの戦力状況を重ねて指名の有無を決定します。
    下位指名選手、育成選手が一軍選手になるかどうかは、スカウトの眼力にかかっています」(前出・アマチュア担当記者)

    要するに、今夏の甲子園大会にはスター選手が少ないものの、指名リストに残っている選手は多い。彼らの力量について、時間をかけて、じっくり見極めなければならなくなったのだ。

    「佐々木が岩手県大会決勝戦で投げなかったのは、右肘に違和感を持っていたからです。とはいえ、彼に対する評価は変わりませんが」(前出・球団スタッフ)

    ドラフト本番にはまだ時間があるが、巨人がエース・菅野智之の不振を深刻だと受け止めるならば、1位指名は佐々木だろう。しかし、他11球団も佐々木の1位指名を考えている。
    そうなると、あえて佐々木を避け、他選手を指名して確実な戦力補強を狙うか、「外れ1位候補」で海野を獲るか…。

    こんな情報も聞かれた。

    「昨秋、原監督がドラフト会議に臨むに当たり、直前で1位候補を変更させたとも聞いています。根尾昂(現中日)の1位は変わりませんでしたが、当初、スカウト陣が外れ1位に推していたのは吉田輝星(現日本ハム)でした。
    それが左の先発タイプがほしいということで、髙橋優貴に一変したと」(ベテラン記者)

    指揮官の求める補強に応えるのも現場スカウトの仕事であり、選手補強の全権を持った原監督が意見を言うのはおかしな話ではない。
    しかし、八戸学院大出身の髙橋は東海大菅生から同大に進み、さらにその指導者が東海大の卒業生と聞けば、原監督の“強い母校愛”を感じざるを得ない。

    「クローザーに成長した中川皓太や、現在売り出し中の大城卓三も東海大の出身です。田中俊太も東海大から社会人を経て巨人入りしました」(同)

    FA市場でも東海大出身選手の獲得情報が囁かれていた。
    原巨人が狙う次の標的は広島・田中広輔(30)だというのだ。

    田中もまた、東海大相模から東海大を経て社会人、広島に進んだ1人。

    http://dailynewsonline.jp/article/1960870/
    2019.08.12 07:00 週刊実話


    【【解説】原辰徳 次の標的は広島・田中広輔!】の続きを読む


    巨人が大失速で稼働しない丸以外の新戦力、問われる原辰徳監督の手腕 - アエラドット 朝日新聞出版
    巨人が大失速で苦境に追い込まれている。前半戦終了時点は2位のDeNA、阪神以下に9.5ゲーム差をつけて独走態勢に入ったかに見られたが、後半戦に入って5勝14 ...
    (出典:アエラドット 朝日新聞出版)


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    95キロバイト (12,729 語) - 2019年8月8日 (木) 05:57



    (出典 upload.wikimedia.org)


    選手を獲得したり金を出させる力だけなな気が..

    2 風吹けば名無し :2019/08/05(月) 22:50:51.11

    実際丸の有りか無しかぐらいしか違わんで


    【【解説】原辰徳 丸に頼りきり!?監督能力はアリなの!?】の続きを読む


    《アンケート結果発表》巨人“丸ポーズ”の賛否は……45%が「賛成」、26%が「反対」 - 文春オンライン
    今季のプロ野球、カープファンの間で波紋を呼んだのが、広島から移籍した巨人・丸佳浩選手(30)がホームランを打った際に見せる、“丸ポーズ”のパフォーマンスです。
    (出典:文春オンライン)


    佳浩(まる よしひろ、1989年4月11日 - )は、千葉県勝浦市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 小学3年からソフトボールを始める。勝浦市立勝浦中学校時代は軟式野球で投手と遊撃手を兼任した。子供の頃は親共々巨人ファン(父親が長嶋茂雄のファンでもあった)で、よく東京ドームに来ていた。
    37キロバイト (4,667 語) - 2019年8月2日 (金) 09:47



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/03(土) 09:24:05.28

    巨人・丸佳浩外野手(30)が2日、DeNA14回戦(横浜)に「3番・中堅」で先発出場。一回2死から、右翼席上段へ先制の18号ソロをたたき込んだ。

    「うまくひろうことができました。良い先制点になりました」

    相手の先発右腕・平良が投じた6球目を振り抜くと、打球は大きな放物線を描いて右翼スタンドに着弾。貴重な先制点となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00000555-sanspo-base
    8/2(金) 19:56配信


    (出典 hochi.news)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 i.daily.jp)



    (出典 Youtube)

    2019 巨人 ジャイアンツ 丸佳浩 8/02 18号 ホームラン


    (出典 Youtube)

    読売ジャイアンツ 丸佳浩選手応援歌


    【【朗報】丸佳浩 先制点で大活躍!】の続きを読む

    このページのトップヘ