今日のイチオシ★巨人球団専

当サイトは読売ジャイアンツ球団に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。

    2019年02月


    巨人・丸佳浩に独占インタビュー 酒、タバコ、マージャン「ひとつやめるならもう全部やめようと」 - ZAKZAK
    丸独占インタビュー(下)巨人に今季加入した丸佳浩外野手(29)の夕刊フジ単独インタビュー後編。広島時代に一念発起し、飲酒、喫煙、マージャンまで一気にやめて禁欲…
    (出典:ZAKZAK)


    (まる よしひろ、1989年4月11日 - )は、千葉県勝浦市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 小学3年からソフトボールを始める。勝浦市立勝浦中学校時代は軟式野球で投手と遊撃手を兼任した。 高校は千葉経済大学附属高等学校に進学。2006年の第88回全国選手権では
    32キロバイト (3,808 語) - 2019年2月24日 (日) 07:34



    (出典 www.hb-nippon.com)


    さすが広島出身・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/24(日) 07:40:42.94

    広島の中心打者としてセ・リーグMVPを2年連続で獲得した昨季終了後、国内FA権を行使し巨人に加入した丸佳浩外野手(29)が、夕刊フジの単独インタビューに応じた。
    「不器用」と自認し、愚直なまでに磨き上げたフルスイングを、2ストライクに追い込まれても貫く美学。
    開眼のきっかけは2016年、同い年で今季から同僚となったエース、菅野智之投手(29)の助言だったという。
    昨季は自己最多を大きく更新する39本塁打。自らの想像さえ超えた、ホームランバッターへの“大化け”の真相を明*。(聞き手・笹森倫)

                       ◇

    --新天地での春季キャンプも終盤に入った。FAで巨人に来て1年目にありがちな気合の空回りもなく、自分のペースでやれているのでは

    「まあ、もともと『気合全開だあ!』って感じじゃないですけど(笑)。最初予想していたよりは順調にやれてるかな。
    初めての環境で、もうちょっと戸惑う部分があるのかなと勝手に思っていたが、意外とそういうこともなく、チームメートの皆さんにいろいろ教えてもらいながらキャンプを過ごしています」

    --2年連続MVPでも「もっと上のレベル」の野球人を目指し移籍

    「考え方とか引き出しが、もっともっと増えていけばいいなと思った。自分はカープの野球がずっとベースできたが、
    何が正しいとかではなく、別のチームにはまた別の目指している野球がある。
    そういう引き出しが増えていけば、野球選手としてレベルが上がるのかなと僕は思います」

    --まだ移籍して日が浅いが、新しい引き出しは

    「いろんな方に、積極的に話を聞くようにしています。やっぱり面白いですね。もともと巨人にいた坂本さん、亀井さん。
    それに(陽)岱鋼さん、中島さんとか、いろんなチームから来た方もいる。打撃の考え方の話が多いですが、へえーと思うことがすごくある。新鮮ですね」

    --原監督は打撃練習の量もさることながら、全球フルスイングに感嘆。試合では追い込まれても強振を貫く印象だ

    「2016年のオールスターで菅野に聞いた話がきっかけでした。
    それまでは、追い込まれたらファウルで粘ろうと思っていたが、菅野は『ちょんちょん当ててくる打者は、打たれてもどうせ単打にしかならないから怖くない』と。
    そこで自分がどういうタイプのプレーヤーかを考えました」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000017-ykf-spo
    2/23(土) 16:56配信


    【【自分は不器用】丸佳浩 打撃の考え方に興味深々!?】の続きを読む


    巨人・丸佳浩に独占インタビュー! きっかけは菅野…フルスイングの美学「僕、不器用ですから」(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
    広島の中心打者としてセ・リーグMVPを2年連続で獲得した昨季終了後、国内FA権を行使し巨人に加入した丸佳浩外野手(29)が、夕刊フジの単独インタビューに応じた。
    (出典:Yahoo!ニュース)


    (まる よしひろ、1989年4月11日 - )は、千葉県勝浦市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 小学3年からソフトボールを始める。勝浦市立勝浦中学校時代は軟式野球で投手と遊撃手を兼任した。 高校は千葉経済大学附属高等学校に進学。2006年の第88回全国選手権では
    32キロバイト (3,806 語) - 2019年2月14日 (木) 09:13



    (出典 gendai.ismedia.jp)


    知ってた・・

    1 pathos ★ :2019/02/23(土) 22:01:33.20

    【野球】“バッティング体操”に終始するからこそ感じた巨人丸の凄み 焦らず自分のやるべきことを淡々とやっている

    権藤博の「奔放主義」

     私は監督、コーチ時代のこの時期、ブルペンで必死に投げ込む投手をつかまえては、「そう力みなさんな。本番はまだ先だぞ。体慣らしの体操をするくらいのつもりで投げればいい。ピッチング体操だよ。そのくらいの余裕を持ちなさい」と諭したものだが、丸がやっているのはまさにバッティング体操だった。

     周囲に流されず、丸は丸の信念に基づき、自分のやるべきことを淡々とやっている。練習とは本来こういうもので、私が常々、「やらされる練習は身につかない。自分で考えてやってこそ、初めてそれが血となり肉となる」と言っているのも同じことなのである。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/248049/2


    【【マイペース..】丸佳浩 バッティング体操命!?】の続きを読む


    岡本 (おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    31キロバイト (3,581 語) - 2019年1月26日 (土) 16:36



    (出典 mybouzu.info)


    デブりすぎ・・

    1 風吹けば名無し :2019/02/21(木) 10:41:48.09

    スポーツ報知 巨人取材班 @hochi_giants
    セルラースタジアム那覇 投内連係
    投内 捕 小林 炭谷 大城 一 ビヤヌエバ 中島 二 吉川尚 田中俊 遊 坂本 吉川大 山本 三 和田
    阿部、岡本はコンディション面の理由で全体アップに入らず別メニュー調整

    https://twitter.com/hochi_giants/status/1098393488834539520?s=21
    (deleted an unsolicited ad)


    【【別メニュー..】岡本和真 身体デカくしすがた代償!?】の続きを読む


    巨人の岡本和真が自身のメタボ疑惑を完全否定「むしろ痩せました」 - livedoor
    巨人のチーム内でメタボ疑惑が持ち上がっていた岡本和真を東スポが直撃した。腹部が出ているなどとイジられる岡本だが、「むしろ痩せました」と完全否定。たるんで見える ...
    (出典:livedoor)


    岡本 (おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    31キロバイト (3,581 語) - 2019年1月26日 (土) 16:36



    (出典 img.dmenumedia.jp)


    ただのアドバイスだからセーフ

    1 風吹けば名無し :2019/02/19(火) 18:07:05.50

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-90000550-nksports-base

    巨人岡本和真内野手(22)が、原監督から打撃指導を受けた。19日、フリー打撃中に「スイングが中途半端になっているので、しゃくり上げるくらいの気持ちでいけ」と助言を受け、バットを振った。

    【写真】フリー打撃を行う巨人岡本と張本氏、原監督

    「どっちつかずの部分もあったので、意識してやっていきたいです」と話した。


    【【中途半端と言われ..】岡本和真 魔の打撃指導..】の続きを読む


    飛ばし過ぎを懸念する声 菅野智之は「全然問題ありません」と反論 - livedoor
    沖縄2次キャンプ中の巨人・菅野智之が日刊ゲンダイのインタビューに応じた。今春の調整には「飛ばし過ぎ」との声もあるが「全然問題ありません」と主張。「力んで投げてい ...
    (出典:livedoor)


    菅野 智之(すがの ともゆき、1989年10月11日 - )は、神奈川県相模原市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 母方の祖父は、元東海大相模高校野球部監督の原貢。母方の伯父は読売ジャイアンツ監督の原辰徳。 神奈川県相模原市出身。小学校に上がる直前の1995年10月8日に
    55キロバイト (6,483 語) - 2019年2月1日 (金) 09:00



    (出典 baseballgate.jp)


    メジャーだ!!

    1 ネイトのランプ ★ :2019/02/18(月) 00:07:31.78

    フリー打撃に登板した菅野智之(カメラ・安藤 篤志)

    (出典 www.hochi.co.jp)


     巨人の菅野智之投手(29)が17日、今年初めてフリー打撃に登板した。和田、大城に計40球。力強い速球、抜群の制球力、キレ味鋭いスライダーなど圧巻の投球をみせ「ブルペンで投げているようなフォームで投げられたので良かったと思います」と振り返った。

     前半は球種を予告し、後半はマスクをかぶったブルペン捕手が球種のサインを出す形で行われた。

     和田、大城ともに、球種を予告した前半にストライクの球に手が出ず、見逃すという場面があった。これについて和田は「コースぎりぎりのところに来て手が出ませんでした。フリー打撃とはいえ、日本を代表する投手の打席に入ってバットを振れたことは勉強になりました」と振り返った。

     大城もエースの球に「やばいです」を連呼。「ボールだと思って見逃したらストライクだった球もありましたし、手元でピュッとくる。球のキレがすごかったです」と目を丸くした。

     今年の菅野は20勝、3年連続沢村賞へ、自主トレ、キャンプのブルペンで力感のない投球フォームを追求している。球界最高の球は和田、大城にとって生きた教材。エースは「彼らもいい経験にしてくれたらうれしいですし、僕もある程度は力を入れて投げたので、いい時間だったなと思います」と話した
    https://www.hochi.co.jp/giants/20190217-OHT1T50135.html


    【【後輩圧巻!?】菅野智之 圧巻の投球見せる!】の続きを読む

    このページのトップヘ