今日のイチオシ★巨人球団専

このブログは読売ジャイアンツ球団の情報をまとめたブログです


    阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県東葛飾郡浦安町(現在の浦安市)出身のプロ野球選手(捕手、内野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 巨人軍第18代主将(2007年から2014年まで)。 愛称は「慎之助」、「阿部ちゃん」、「ちゃん」。
    71キロバイト (9,150 語) - 2019年10月10日 (木) 04:19



    (出典 baseballking.jp)


    捕手じゃなかったら平凡な選手..

    1 風吹けば名無し :2019/10/12(土) 10:34:16.09

    阿部慎之助得点圏打率

    2001阿部慎之助(23)127試合  .314
    2002阿部慎之助(24)127試合   .358
    2003阿部慎之助(25) *94試合  .277.
    2004阿部慎之助(26) 108試合  .300
    2005阿部慎之助(27) 130試合  .352.
    2006阿部慎之助(28) 129試合  .368
    2007阿部慎之助(29) 140試合  .319
    2008阿部慎之助(30) 125試合  .310
    2009阿部慎之助(31) 123試合   .250
    2010阿部慎之助(32) 140試合  .250
    2011阿部慎之助(33) 114試合  .326
    2012阿部慎之助(34) 138試合  .358
    2013阿部慎之助(35) 135試合  .286
    2014阿部慎之助(36) 131試合  .261
    2015阿部慎之助(37) 111試合  .225
    2016.阿部慎之助(38) *91試合  320
    2017阿部慎之助(39) 129試合  .309
    2018阿部慎之助(40) *95試合  .243
    2019阿部慎之助(41) *95試合  . 296


    通算得点圏打率  .303


    【【2001~2019】阿部慎之助 打率成績..】の続きを読む


    監督が叔父じゃやりにくいよね..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/11(金) 18:30:04.60

    エースが消えた。

     10日、腰痛を抱える巨人の菅野智之(30)が、阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでの登板を回避すると、宮本投手総合コーチが明かした。

     CS開幕前日の8日に一軍に合流。11日の第3戦での先発が内定したはずだった。が、9日にブルペンで投球した後、同コーチに「投げられません」と申告したという。

     菅野は我慢強い男である。それなのに自分で申し出たというから、深刻な状態なのは想像に難くない。同コーチは練習前、報道陣にこう説明した。

    「チームのことを考えてくれたから、昨日彼に『ここまでいろいろ悩んできただろうし、つらい思いをさせたのは申し訳ない』と謝った。『勇気を持って言ってくれたことに、俺はありがとう』と言いました」

     昨日のブルペンでは30球ほど投げたという。「140キロは出ていたと思う。ただ、自分の中でのしっくり感っていうのがあるんじゃないか。不安もあるし、葛藤もあるし、責任感もあるし、総合的に彼が判断したってところでしょう」と同コーチ。二軍関係者によれば、合流前にファームで打撃投手を務めた際も、球速は140キロそこそこだったという。菅野が万全なら常時150キロを超える。10キロも遅いことになるが、それでも第3戦の先発を任せようとしたこと自体、首脳陣はどうかしている。

    原監督は甥っ子でもある菅野にいつも厳しい。優勝会見で「彼は自分から『もうダメです』という言葉を一回も言わなかった。これからも当然そうでしょう。大きな試合に向けてやってくれると思う」とプレッシャーをかけていた。だからこそ、エースは無理をしてCS開幕前日に合流したのではないか。

    ■原監督「彼はギブアップはしていない」

     菅野はこの日、ジャイアンツ球場でのファーム練習に合流した。今後の状態次第では宮崎で行われているフェニックスリーグで調整登板する可能性があるというが、「140キロは出る」ではなく、「140キロしか出ない」のはなぜか。

     持病のある腰は、選手生命を左右する重要な箇所だ。それでも原監督は「次回、いつという目標設定を変えたということ。日本シリーズでの復帰を目指す?まだ戦いが続くという中で、彼はギブアップはしていないということ」と説明した。

    要するに、頂上決戦開幕の19日が復帰の目標設定ということになる。

    一体どれだけ無理をさせる気なのか。しっかり完治させるのが優先ではないか――。

    原監督の鬼指令により、今度こそエースがぶっ壊れる危険性が高まっている。

    10/11(金) 15:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000030-nkgendai-base


    【【悲報】菅野智之 また腰痛でCS登板回避…】の続きを読む


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手と
    34キロバイト (4,050 語) - 2019年10月9日 (水) 22:15



    (出典 i.ytimg.com)


    広島の時はSM砲だったっけ..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/10(木) 07:30:23.66

    (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、巨人5-2阪神、巨人2勝、9日、東京D)ファイナルステージ(6試合制)がセ、パ両リーグで開幕した。
    セは5年ぶりに優勝した巨人がレギュラーシーズン3位から勝ち上がった阪神に5-2で勝利。リーグ優勝チームに与えられるアドバンテージを含めて2勝0敗とした。
    一回に3番・丸佳浩外野手(30)、4番・岡本和真内野手(23)が2者連続本塁打。『OM砲』が活躍したリーグ王者は10日の第2戦に勝ち、日本シリーズ進出に王手をかける。

    完璧な手応えを得て、岡本は一塁へ弾むように走り出した。一回2死から左翼席中段へ2者連続ソロ。3位から勝ち上がってきた阪神の勢いを封じた。

    「丸さんがいい流れを作ってくれたので僕もそれに続こうと。打った瞬間、入ったと思った」

    この一発の直前、4番・岡本の前を打つ丸が「最高のスイングができた」と152キロの直球をバックスクリーン左へ運ぶ先制ソロ。
    続く岡本は甘く入ったフォークボールを仕留めた。2人が着火した打線は二回にも3得点。主導権を握った。

    ポストシーズンでの巨人の3、4番による連続本塁打は、1972年の阪急との日本シリーズ第5戦(西宮)の三回に3番・王貞治、4番・長嶋茂雄の『ON』がマークして以来47年ぶり。
    岡本(O)と丸(M)の『OM』が、V9時代の象徴だった黄金コンビに並ぶ輝きを放った。

    岡本は、広島から今季加入した丸と兄弟のように仲が良い。
    交流戦期間中の6月。仙台市内の焼き肉店で開催された決起集会で、志願して丸の隣の席に座った。
    体調維持のため断酒中の先輩と同じく、ノンアルコールの飲料を口にしながら野球談議に花を咲かせた。

    「甘い球に絞って狙う」などと、単純明快な思考で打席に立つ丸について「シンプルに考えていて分かりやすい」。
    4番の重圧に苦しむ時期も愛のあるイジリで励ましてくれた。
    レギュラーシーズンで31発。活躍することで恩返しをした。

    この日の試合前。緊張感が漂うベンチで、丸から両目に目薬をドバドバとかけられ、ナインが和むシーンがあった。
    昨季のCSは5試合で18打数1安打だったが、この日は2安打1打点。
    冗談交じりに効果を口にした。

    「(CSの)キャリアハイです。目薬のおかげで(球が)よく見えた」

    岡本と丸のアベック弾はシーズン中に6度、2者連発は2度。お立ち台では丸が「何とか後ろの“岡本さん”につなげられるようにと思った」と笑顔。
    7歳下の主砲を持ち上げるおなじみのコンビ芸で、4万5277人が詰めかけた東京ドームのスタンドを沸かせた。

    レギュラーシーズン終了から10日間、実戦から離れていた巨人。
    一体感を高めるために試合前、ベンチ裏で全員が手をつないで輪を作り、主将の坂本勇が「投手も打者も常に攻める気持ちを持っていきましょう!」と声をかけた。

    声を張り上げた坂本勇、亀井を含めた1-4番が全打点をマーク。
    阪神と激突した14年のファイナルステージは4連敗を喫したが、同じ過ちは繰り返さない。
    「(阪神の)流れが止まったような気がします。久々のゲームで勝利が付いたというところが良かった」と原監督。
    12年以来7年ぶりの日本一へ、大きな一歩目を踏み出した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000000-sanspo-base
    10/10(木) 7:00配信


    (出典 Youtube)

    2019 巨人 ジャイアンツ 岡本和真 10/9 CS 1号


    (出典 Youtube)

    2019 巨人 ジャイアンツ 丸佳浩 10/09 CS 1号

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019100902.html
    試合スコア


    【【朗報】岡本和真と丸佳浩 日本シリーズ進出に王手!】の続きを読む


    坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手。右投右打。読売ジャイアンツ所属。巨人軍第19代主将(現職)。 2009年・2012年・2016年・2018年に遊撃手としてベストナインに4度選出。2012年に最多安打を獲得。2016年にセントラル・リー
    74キロバイト (9,223 語) - 2019年10月10日 (木) 07:05



    (出典 goodtime0909.com)


    そろそろ守備が限界..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/09(水) 21:53:38.16

    今年のセ・リーグ最優秀選手(MVP)は巨人・坂本勇人(30)で異論はないだろう。新境地の「攻撃的な2番」で打線を牽引(けんいん)。
    打率3割1分2厘、生え抜きの右打者では球団史上最多の40本塁打、94打点。
    守備の負荷が大きい遊撃で残したこの数字は圧巻だ。

     原辰徳監督も、その働きぶりを絶賛した。

    「チームをまとめる力は先輩の阿部(慎之助)に負けないぐらいの強いリーダーシップがある。ぶっちぎりのMVP」

     ナインの中で誰よりも勝利に飢えていた。

     2014年オフに26歳と戦後の球団史上最年少の若さで主将に就任した。言葉でリーダーシップを取るタイプではない。翌15年から4年連続で優勝を逃し、優勝後の記者会見では本音をこう漏らした。

    「4年間、僕が主将になってから優勝できず、本当にプロ野球人生の中で一番苦しんだ。主将を引き継ぐ時はそこまで重く感じなかったんです。
    優勝できない日々が続いて、どうやったらチームが勝てるのかというのをずっと考えながらやっていたんですけど、なかなか答えが見つからなくて」

     だが、5年ぶりのリーグ優勝でその重圧からも解き放たれた。

    「今まで何度も優勝させてもらったけど、主将になって立場も変わって、優勝する瞬間は格別な思いで、自分が思っていた以上にうれしかったです」

     気は早いが、今オフの契約更改では、日本人選手で球界史上最高年俸にはねあがる可能性が十分にある。

     昨年は自己最高の打率3割4分5厘をマーク。首位打者を獲得した中日のダヤン・ビシエドに3厘差で届かなかったが、1億5千万円増の推定年俸5億円で契約更改した。

     今季は長打力が上がり、さらに進化した成績を残してチームをリーグ優勝に導いた。
    スポーツ紙デスクは、こう分析する。

    「現在の最高年俸は菅野智之の6億5千万円(推定)。坂本がこの額を上回るのは確実でしょう。
    今年だけでなく、13年間、巨人一筋で成績を残してきた貢献度もあります。年俸7億円を超えると思います」

     もちろん、まだ戦いは終わっていない。阿部が今季限りでの現役引退を発表。尊敬する先輩と残された最後の戦いで有終の美を飾りたい。
    クライマックスシリーズを勝ち抜き、12年以来7年ぶりの日本一を目指す。(梅宮昌宗)

    ※週刊朝日  2019年10月18日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191008-00000053-sasahi-base
    10/9(水) 17:00配信


    【【朗報】坂本勇人 日本人最高の年俸超えなるか!?】の続きを読む


    佳浩(まる よしひろ、1989年4月11日 - )は、千葉県勝浦市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 小学3年からソフトボールを始める。勝浦市立勝浦中学校時代は軟式野球で投手と遊撃手を兼任した。子供の頃は親共々巨人ファン(父親が長嶋茂雄のファンでもあった)で、よく東京ドームに来ていた。
    37キロバイト (4,686 語) - 2019年10月9日 (水) 14:32



    (出典 nextcityhiroshima42.com)


    最高のタイミングでFA 笑

    【【解説】丸佳浩 CS満面の笑顔!】の続きを読む

    このページのトップヘ