今日のイチオシ★巨人球団専

このブログは読売ジャイアンツ球団の情報をまとめたブログです


    阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県東葛飾郡浦安町(現在の浦安市)出身の元プロ野球選手(捕手、内野手)。右投左打。 読売ジャイアンツ第18代主将(2007年から2014年まで)。 愛称は「慎之助」、「阿部ちゃん」、「ちゃん」。
    72キロバイト (9,383 語) - 2020年1月16日 (木) 06:15



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    それが今では..

    1 1号 ★ :2020/01/16(Thu) 11:29:58

     アマ球界トップの捕手という触れ込みで2001年に中大の阿部慎之助がドラフト1位で巨人に入ってきた。それまで村田真一が巨人の正捕手を務めていたが、新旧の交代の時期でもあった。当時はまだスリムな体形。硬かった松井とは対照的に上体やバットさばきも柔らかかった。

     球団として23年ぶりとなる新人捕手開幕スタメンに名を連ねた。メンバー表は3枚か4枚つづり。それをマネジャーに頼んで1枚もらい、「長嶋茂雄」と書いてある監督欄の上の空白部分に監督に直筆でサインをしてもらった。これを後日、ガラスケースに入れて阿部に渡した。うまくいかなくなった時、「原点」を思い出してもらおうと考えた。

     新人の頃、「こんな方法があるぞ」と勧めた練習法がある。

    「下半身主導で我慢して振ったらこれだけバットのヘッドが走るよ。『ツイスト』で振ってインパクトで止めてみな。止まらないでヘッドが先に走るから」

     体が前に突っ込まないようにするための「ドリル」である。「ツイスト」を簡単に言うと、打つ瞬間に腰を逆方向にひねることで、体を開かずにバットの芯で捉えることができる。この動きがツイストダンスに似ていることから、こう呼ばれる。体の開きを抑えることでバットを内側から最短距離で出し、ヘッドを走らせることができる。逆方向にも強い打球が打てるようになるのだ。

     習得のため、「両足を固定して打つ」「軸足を浮かせながら打つ」という2種類を繰り返した。

    「こんな方法があるぞ」「こんなドリルがあるぞ」と言うと、すぐにチャレンジする柔軟性が阿部にはあった。疑問点があると「どうですか?」と聞いてくる貪欲さもあった。打撃マシンを相手に、体を開かずに三塁方向へファウルを打つという自身がアレンジした練習法を引退するまで繰り返した。

    ■長嶋監督に心配されても…

     私がヤクルトの選手だった頃、ヘッドコーチだった中西太さんは「打撃コーチはアイデアをいっぱい持ちなさい」と言った。手を柔らかくするためにはどういう道具、ドリルが必要か。遠心力を使うためには、どういうバットを使い、どういう練習をすればいいか。例えばウオーキングスイングや速振りしながらの連続打ちなどなど。ツイストはあくまでひとつの手段である。

     阿部も最初は半信半疑だったのではないか。長嶋監督は「疲れてるんじゃない?」と心配しても、歯を食いしばってついてきた。だんだん飛距離が出るようになり、ツイストの感覚が染み込んできたのは4年目くらい。この高等技術を会得したことで、どんどん安打を量産していった。

     阿部が新人時代、今なら「パワハラ」で即クビになりそうな“教育的指導”をしたことを次回記す。

    公開:20/01/16 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/267572


    【【解説】阿部慎之助 なぜツイスト打法は生まれたのか!?】の続きを読む


    菅野 智之(すがの ともゆき、1989年10月11日 - )は、神奈川県相模原市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 平成最後の沢村栄治賞を受賞、ポストシーズン史上初のノーヒットノーランを達成している。 母方の祖父は、元東海大相模高等学校野球部監督の原貢。母方の伯父は、読売ジャイアンツ監督の原辰徳。
    80キロバイト (10,438 語) - 2020年1月12日 (日) 06:45



    (出典 www.news-postseven.com)


    上野の後継者誰なんだろう..

    1 風吹けば名無し :2020/01/12(日) 07:01:20.62

    巨人菅野、千賀&ソフト上野と「東京五輪」自主トレ
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001110000739.html


    【【解説】菅野智之 東京五輪合同自主トレ!】の続きを読む


    岱鋼(よう だいかん、本名の読み:ヤン・ダイガン、1987年1月17日 - )は、台湾台東県台東市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 台湾の原住民であるアミ族の出身で、日本国籍を保有しない。ただし、日本国内の高等学校に3年以上在籍していたため、NPBでは日本国籍を持つ
    53キロバイト (6,381 語) - 2019年11月27日 (水) 01:31



    (出典 www.sanspo.com)


    もう少しやれると思ってた..

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/10(金) 15:22:39.83

    年俸3億円なのに崖っぷちの選手がいる。巨人移籍3年目の陽岱鋼外野野手(32)である。

     昨季は打率・274、4本塁打、21打点。110試合に出場したものの、68試合は途中出場で、規定打席には届かなかった。それでも5年契約中のため、年俸3億円を維持。まだ契約を2年残している。

     そんな中、5日に都内で行われたトークショーで元木ヘッドコーチが“猛ゲキ”を飛ばした。来月に行われる宮崎1次キャンプでは、自身で調整ペースが決められる「S班」が復活する。対象となるベテランに向けて、「S班でも(2次キャンプ地)沖縄までに作り上げて欲しいし、(陽)ダイカンにしても、ナカジ(中島)にしても、大ベテランだけど、のんびりできないことは本人たちも分かっているんじゃないの? 投手なら岩隈もそうだけど。『そろそろ危ないな』っていうのは肌で感じるものだから」とハッパをかけたのだ。

     名前が出た中島宏之(37)は巨人移籍1年目の昨季、43試合でわずか8安打、打率・148に留まった。一軍登板ゼロに終わった岩隈久志(38)の2人は共に年俸2000万円。このアラフォーコンビが崖っぷちなのは言うまでもないが、まだ32歳なのに「大ベテラン」と言われてしまった陽は微妙な立場に追い込まれていることが露呈した。

     今季の外野陣は、FA移籍2年目の丸、新外国人のパーラ、ベテラン亀井の3人がリード。故障がちな陽は「右の代打」が濃厚だ。周囲から「不良債権」と揶揄され始めた陽は、大型契約途中に“最後通告”を突きつけられた格好である。

    1/10(金) 9:26 Yahoo!ニュース 966
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000008-nkgendai-base

    成績
    http://npb.jp/bis/players/21825112.html


    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】陽岱鋼 不良債権..崖っぷち..】の続きを読む


    読売ジャイアンツ (読売巨人からのリダイレクト)
    読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍、よみうりきょじんぐん)は、日本のプロ野球球団である。セントラル・リーグに所属する。日本で4番目に成立したプロ野球球団であり、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの12球団の中で最も歴史が長い。現在の監督は原辰徳(第
    235キロバイト (36,222 語) - 2020年1月2日 (木) 11:53



    (出典 number.ismcdn.jp)


    みんな頑張れ!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/06(月) 13:03:32.04

    中島は開幕1軍も43試合の出場に留まる、昨年開幕スタメンの吉川尚は「1番・二塁」定着なるか

    5年ぶりにセ・リーグを制覇した巨人。ベテランの阿部や亀井がチームを引っ張り、“カムバック”という点では投手の大竹も中継ぎでチームの戦力となった。
    兆しや姿勢があれば、巨人首脳陣はきっとチャンスを与えるだろう。掴むか逃すかは、その選手次第。復活を目指しているかつてのスター選手や今年こそレギュラー定着をつかみたい選手もいる。
    ここでは2020年のカムバックに期待がかかる選手たちを取り上げたい。

    ○中島宏之内野手(37歳)

    西武時代の2008年には打率.331、21本塁打、25盗塁をマークするなど三拍子揃ったショートとして活躍。
    2013年にメジャー挑戦したが2年間で出場なく、2015年にオリックス加入した。2018年を移籍後最少となる77試合で終えると、オフに自由契約となり巨人に移籍。
    右の代打として開幕を1軍で迎えたが43試合で打率.148と期待に応えられなかった。移籍1年目の昨年は、右の代打として開幕1軍スタートも結果が残せず、2軍での生活も続いた。
    6月19日のオリックス戦では古巣から1号アーチを放ち、豊富な経験からの助言は若手にプラスに働いた。日本一にはベテランの存在は不可欠だ。

    ○吉川尚輝内野手(24歳)

    2016年ドラフト1位で入団。昨季は開幕から1番で起用されて11試合で打率.390と好調だったが、腰痛で離脱。
    1軍復帰できずにシーズンを終えた。代わって二塁を務めた山本、若林、増田大らが奮闘し、リーグ優勝に貢献。
    ライバルは多いため、簡単にはいかないが、「1番・二塁」のレギュラーとしての期待は大きい。
    今季は復活だけでなく、一気にブレークしたいところだ。

    ○藤岡貴裕投手(30歳)

    2011年ドラフトでは3球団競合の末にロッテに入団し、開幕ローテーション入り。先発、救援と活躍したが2016年に肘内側側副靱帯を損傷するとその後は苦しんだ。
    2018年途中に日本ハムに、昨季途中に巨人に2年連続でトレードされ、巨人移籍後は1軍登板なし。
    1軍では3年連続で結果を残せておらず、今季は勝負の1年となる。

    ○岩隈久志投手(38歳)

    近鉄、楽天で107勝、マリナーズで63勝を挙げた。2017年に右肩を手術した影響で2018年をメジャー登板なしで終えると、昨オフに巨人に加入。
    8月に2軍でNPB復帰後初登板を果たしたが、2登板のみで1軍登板はなかった。
    10月には右鼠径ヘルニアの手術を受け、今季は完全復活を目指す。(Full-Count編集部)

    https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-653109/
    2020年01月06日 11時44分 Full-count


    (出典 imgc.eximg.jp)
    ,zoom=1200,quality=70,type=jpg

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)

    https://livedoor.sp.blogimg.jp/ro*1963roll/imgs/2/d/2dd318a3.jpg


    (出典 Youtube)
    &t=9s
    一岡、中島にデットボールで乱闘寸前!

    http://npb.jp/bis/players/01005113.html
    中島 成績


    【【朗報】2020年 カムバックに期待がかかる選手たち!】の続きを読む


    吉川 尚輝(よしかわ なおき、1995年2月8日 - )は、岐阜県羽島市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。 小学校から軟式野球を始め、中学校では父が監督を務める羽島フジクラブ(現岐阜南ボーイズ)にて硬式野球を始める。中京高校では1年夏から三塁手のレギュラーに定着し、秋からは遊撃手を守る。
    14キロバイト (1,465 語) - 2019年12月25日 (水) 07:50



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    完全に病む..

    1 風吹けば名無し :2020/01/05(日) 20:44:53.39

    ――肉体的な痛みだけでなく、精神的にもつらかったと思います。

     マジで何もできなかったですね。長期のケガで、いつ治るかも分からない状態。
    球場に来ればリハビリメニューがあるので、それをやっていれば気持ちも少しは紛
    れました。ただ、ふとした瞬間や一人になったとき「ああ、もう野球辞めようかな
    」って思うことがありました。テレビで試合を見ていても、グラウンドに立つイメ
    ージが湧かない。一軍も経験したこともあるし、もう十分かなってつい思うことも
    ありました。


    【【悲報】吉川尚輝 苦難の日々..】の続きを読む

    このページのトップヘ